●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

タベグロ(14) ラーメンまで280円、そりゃ食べ過ぎますわな

やってきました,、じじいの住んでるよい町は~♪

練馬とはいえ東京は夜でも人の動きが多いですなあ。

駅前の地下にある、最近お気に入りの鶏肉料理専門店にお邪魔します。

昔から肉嫌いだった私が、初めて注文した「焼き鳥」がこのお店というわけ。

実は前回が土曜日の夜だったもので、ほとんどのメニューが売り切れていた。

このお店の焼き鳥が食べたくてやってきたようなものだからな。実際は違うけど。



まずは階段を下りて店内に入り、客席が空いてるかの確認。

カウンター席が空いているというので、すかさず予約を入れる。

そして忘れちゃいけないのが、メニュー売り切れ確認。

前回はムネ肉の焼き鳥など、ほとんどなかったからな。

確か皮ぐらいしか残ってなかったような・・・。

とりあえずムネ肉の焼き鳥を残しておくよう頼んでから家族を店内に招き入れる。



今回で3回目になるが、焼き鳥のムネ肉だけでもいろんなものがあることに気付く。

たれ、塩、塩コショウ、明太マヨ・・・。

鳥貴族やきとり
鳥貴族やきとり2


ああいかん、全部頼んでしまいそうだ。最初のときに注文しすぎて食べきれなかったんだ。

しかし、このお店のすごいところは、すべてのメニューが280円(税抜)というところ。

だから〆のラーメンまで280円でいただいちゃいましたとさ。

鳥貴族 濃厚とんこつラーメン


がははは、やっぱ食べ過ぎちまったわい。
2016/07/20 09:02|タベグロTB:0CM:0

タベグロ(15) 夏季限定、汁まで飲み干したいとろろ

はい、お待たせ。ハードトレーニングの後はやっぱりラーメンでしょ。

先日の飲み会の後、ラーメンを食べに行った同僚たちの話で、ついに「冷やしとろろつけ麺」始まったとのこと。

めにゅ^


このお店の夏季限定メニューで、しかも昨年はなぜかメニューにのらななかった一品。

実はこの店には何度か足を運んでいる。他は特に目立たないがこのメニューだけは絶品なのだ。

だから昨年は非常に残念な思いをしていたというわけだ。

無尽蔵 冷やしとろろつけ麺


このつけ汁は和風の麺つゆのようなものであるが、実はその下にとろろが沈殿しているのだ。

麺を汁につけてかき混ぜると、とろろと汁が麺によくからんでとてもおいいしい。

まさに、とろろが麺に汁をうまくコーティングしてくれる役目を果たしているとわけだ。

付属のわさびもこのつけ麺には相性がよく、まさに日本の夏にふさわしい。

ああ、今年もこの「冷やしとろろつけ麺」が食べれて本当によかった。



しかしながら、大好きなのでついつい大盛を頼んでしまい、つけ汁まですっかりいただきましたとも。

汁の器のそばに大きなスプーンまでついているということは、最後まで汁を味わってくださいということだろう。

最後の一滴まで飲み干したとろろ、せっかくのハードトレーニングで消費したカロリーもどこへやら。

昨日よりも1キロくらい太ってしまったとさ。
2016/08/02 09:03|タベグロTB:0CM:0

タベグロ(16) こってり背脂 [too old to die]

さあて、たまにはじじいも家族大サービス。昔でいうところの大型スーパージャスコへ。

今じゃあイオンなんて化学的な名前でごまかしてるみたいだけどな。

そのイオンはあまりにも巨大すぎて3階建で映画館まで完備されている。

映画「too young to die」をじじいばばあ割引で鑑賞した後は、お待たせのランチだよ。



このお店は昔から背脂たっぷりで人気のラーメン店。

さすがに休日の大型スーパーのテナントだけあって、お昼時には外まで列を作って並んでいる。

どのお店もそんな感じなので、どうせならラーメンにしようと決めたんだ。

この店には「あっさり」と「こってり」のしょう油ラーメンに分かれる。

でも背脂で有名ならこってり選ぶしかないでしょ!

妻ばばあは、相変わらず味噌ラーメン食べましたけどさ。

吉相こってりしょう油ネギ
吉相みそ


トッピングでネギとメンマを入れたのだが、こってり背脂のスープが思い切りこってーり。

今さらながらに「あっさり」にすればよかったと後悔するじじい。

こってりは若いもんに任せときゃいいものを・・・。

食後すぐに軽い吐き気を催したと思ったら、その15分後にトイレに直行。

急性ゲリピーの記録更新だ。「too old to die」歳をとったら無理しちゃいかんよね。

2016/08/15 09:43|タベグロTB:0CM:0

タベグロ(17) 生しらす丼の代わりのおかわり

はい、お待たせ。鎌倉のしらす丼レポートの版ですよ~!

こんな狭い通りに本店と支店が存在するとは、いったいどんだけ人気があるのだろうか・・・。

私は確認してないが、妻ばばあがネットでの口コミなどを調べている。

少しだけ気になって、さっき通り過ぎた一本前の通りも確認しに行ってみた。

ははあん、私の推測通りにその通りにもまたこの店の支店が存在してるのであった。



まあ、本店でも支店でも味には変わりはないだろう。

そんな話を家族に言い聞かせることで安心させていると、店から店員が出てきた。

「お客様すみません、現在漁師さんとの連絡取れずに生しらすが入荷していない状況なのです」

彼女は申し訳なさそうに頭を下げる。

「えーっ、生しらす食べたくて来たのにぃ~」

「釜揚げしらすでよければお出しできますが、現在は生しらす以外のメニューしかありません」

なんということだ。やはり水物というわけか、仕方ないといえばその通りだ。

「じゃあ、うにといくらのやつでお願いします」



やっとのことで店内に入ると、並んでいるころから炊いてるだけあって、思ったほど待たされることはなかった。

鎌倉 かまかま

普通に釜飯をよそって食べた後で、だし汁で茶漬けにして食べるという、一粒で二度おいしい方式らしい。

しかし、釜にこびりついたおこげがなかなか取れない。

だいたいにおいて、生しらす丼を釜飯にする必要があるのだろうか?

お茶漬けにしたらせっかくの生がゆでしらすに変わってしまうではないか。



でもそこがこのお店のこだわりなんだろう。お茶漬け時には釜揚げしらすとなるわけだ。

店内に貼ってある生しらすの広告を見ていると、やはり目的が達せないという悔しい思いが強い。

ないと言いつつ、実は本店だけは生しらすを食っているような気さえしてくるではないか。

生しらすを獲ってきた漁師さんが、今にも本店から支店に移動している気がしてならない。

悔し紛れにだし汁や薬味をおかわりして、腹を膨らませることで代物代謝するじじいであった。

ポットくん

2016/08/22 09:21|タベグロTB:0CM:0

タベグロ(18) 冷やしラーメンは緑色

夜中にマクドナルドで家族とお茶をする。別にポケモンを探してるわけじゃねえぞ。

だいたい、インストールすらできねえしな。悪かったなOSのバージョン古くってよ。

ジュースと紅茶をすする家族を席に残し、都会の深夜の駅前をぶらつくじじい。

この駅前には深夜まで営業しているラーメン店が多いのだ。

そこで、自称裏ラーメンミシュランのじじいとしてはその辺ところがどうしても気になるのだ。


深夜の一人市場調査の結果、駅から出てすぐ近くの4店で一番客の多かった店でこっそり餃子を注文。

次の日の昼にこの店でラーメンを食べる決心をしていると、家族からメールが入る。

「どこにいるの?」

「駅前のラーメン屋で餃子を頼んでいるところだ」

「はぁ?」

どうせ彼女たちには私のラーメンミシュランとしての役目など興味はないのだ。


餃子の味もまあまあだし、お値段も非常にリーズナブルだということで合格点。

次の日の昼にはラーメンをこの店で食べることに決定した。

ラーメンだけでなく中華の定食も豊富なので、ランチや仕事帰りのサラリーマンに人気があるのだろう。

この日も暑い日だったので、他の客同様に「冷やしラーメン」を注文する。

メニューの写真の麺が緑色しているのがちょっと気になった。

福しん 冷やしラーメン&チャーハン

(もちろん、チャーハンセット)

麺は緑色しているが味は普通の麺でコシの強い細麺がグッド。

このお店は麺のコシに特徴があるように感じられる。欲を言えば紅生姜が欲しいところ。

からしはテーブルのコショウなどと一緒に置いてあって好きなだけ入れられる。

からしのパックを二つ入れるとスープ引き締まって、冷やしラーメンがさらにキリッとしてくる感じ。

妻ばばあはごまみそだれの冷やしラーメンだが、こちらもうまいとのこと。

支払い時には次回使用できるサービス券までもらえて、じじい大満足でございました。
2016/08/24 09:31|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (19) 冷やしとろろラーメンを食べたとろろ

私たち家族はいつもの食堂に来ていた。相変わらず広い店内には客がいっぱいだ。

なんといってもこの店のメニューは豊富なのだ。定食からラーメンまでメニューのカードだけでも裏表使用で6,7枚ある。

前回来た時から気になっていたメニュー、「冷やしとろろラーメン」がどうしても食べたかった。

先日行った別の店での「冷やしとろろつけ麺」があまりにも絶品だったからだ。


いつもはラーメンを食べずに定食を頼む娘も、私の話を聞いて「冷やしとろろラーメン」を注文。

妻ばばあは、相変わらずあまのじゃくな性格なので私とはいつも違うメニュー「とんかつ定食」を頼んだ。

私の言うことを絶対に信用していないということなのか?

それとも、私のバカ舌に何度も騙され続けた結果なのだろうか・・・。


混んでいるだけあって、注文後かなりの時間が過ぎてから例のものが到着する。

製麺屋冷やしとろろラーメン

見た目はすごくシンプルである。これがかえって夏らしいではないか。

スープは冷えているが、どうも少し味が薄くていけない。これではせっかくのとろろが・・・。

一緒に食べていた娘も、最初は私に気を使ってか「おいしい」などと言っていたのだ。

しかし、半分以上残して妻ばばあの定食と交換しているのであった。

私のバカ舌伝説が、どうやら娘の頭の中にも出来上がりつつあるようだ。
2016/08/28 09:08|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (20) 深夜の激辛とんこつラーメンは翌日に三度笑う

今夜のじじいは帰省する娘を迎えに、遠い駅まで深夜のドライブ。

わざわざ遠い駅まで車で行くのだから、ラーメンぐらい食わせてもらいたいところ。

新幹線の到着時刻も遅かったので、行きの通り道でまだ営業しているラーメン店をチェック。

ふむふむ、さすが都会だけあってまだいろいろやっておるな・・・。

その中でも「餃子の王将」の看板を発見し、なんでもありの店でいろんなメニューを試してみたいと考えた。



駅の出口で待ち合わせた娘を車に乗せると、すぐにラーメン屋へレッツゴー!

娘は「食いたくない」と言っていたが、そんなわがままは通用しない。

今はじじいの小腹を満たすのが、彼女の親孝行という名の義務である。

「うーん、どの辺だったっけ・・・」

助手席の妻ばばあに「餃子の王将」の看板を探してもらうがなかなか見つからない。

「あっ、看板の電気消えてるよ」

ちょっと遅かったようだ。こうなったら空いている店を探すしかない。



少し行ったところで、看板だけでなく店の灯りまで道路に目立つラーメン店を発見する。

どこかで聞いたことのある名前だと思ったら、カップラーメンにまでなっているほどの有名店。

さっそく店内に入ると、深夜にもかかわらずお客さんは結構いた。

メニューを見ると、この店はとんこつラーメンの専門店らしい。

何種類かあるが、ずべてとんこつラーメンがベースであることに違いはない。

しかし、夏季限定メニューの太い麺のつけ麺があることを発見する。

一風堂 夏季限定 太いつけ麺


普通の醤油ラーメンを食べたかったじじいはとりあえず夏季限定のつけ麺を注文。

相変わらず妻ばばあは同じメニューを頼まない。激辛とんこつラーメンを注文。

一風堂 辛いとんこつ


さすが、カップラーメンにまでなった店である。つけ麺もうまいがとんこつのスープが絶品である。

ついつい大盛を頼んで、妻ばばあの辛いラーメンまで味見させてもらったじじい。

次の日はまたも下痢ピーで、トイレで黄門様が三度高らかに笑うのでありました。
2016/09/05 09:10|タベグロTB:0CM:0

タベグロ(21) 姉妹店はミシュラン泣かせでございます

私たちの会社の近くにある駅周辺も開発が進んできた。

そんな中で駅までの道路が新たに舗装、新設されると次々と店が並び始める。

少し離れた地域で人気のラーメン店も、姉妹店だという店を出したことで話題になっていた。

裏ラーメンミシュランとしては、他の誰よりも先に行ってその味についてうんちくを垂れたいところ。

平日の昼時に混雑を承知で訪れることにした。



だいたいの場所は聞いていたものの、昭和生まれはあらかじめインターネットなどで調べるなどといったことはしないのだ。

そのためにあちこちと迷いながら、他のラーメン屋に間違えて入ってしまったのだが、そこの駐車場もいっぱいでかなり混雑していた。

新装開店で人気の店となれば、しばらく外で並ぶことは覚悟せざるを得なかった。

迷うこと10分でようやく目的地に到着するも、駐車場は意外と空いている。

やはりみんなわかりづらくて迷って来れないのだろう。

わっきー新装開店

店に入ろうとするも入り口の扉が開かない・・・。

わっきー定休日

ははあん、またしても私に対する嫌がらせというわけか。裏ラーメンミシュランいじめの定休日だ。



後日、改めてゴルフばばあと一緒に開店直前に到着。

さすがに今日は戸が開くようだ。でも開店時間までは我慢ですよ。

きっかり11時に店員が暖簾を持って出てくる。

「いらっしゃいませえ、どうぞお入りください」

姉妹店というとこで似たようなメニューかと思っていたらびっくり!

なんと全く同じなのだ。違うのは店の名前だけ。



ということで、本店で一番人気の味噌ラーメンを注文。

よくばりなゴルフばばあは、辛みそを追加トッピングしております。

わっきー味噌


はい、本店と同じ甘い味噌でございますな。たぶん辛みそが合うんでしょうなあ。

ただ本店の地獄のような熱さのスープに比べると、温度が普通であるくらいか・・・。

「有名店の姉妹店」という宣伝文句は実は、「チェーン店」の新しい形なのかもしれないと感じるじじいであった。
2016/09/13 09:00|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (22) 看板と店員の変化

ここは昭和28年創業の老舗のラーメンチェーン店。

長い間、安い料金が魅力でたくさんのお客さんを喜ばせてきた。

しかし、昨年あたりからメニューの一部変更に伴い、290円だったラーメンがなくなってしまった。

新メニューの料金と上げるとともに、質も向上させるという努力を重ねていた。



ところが、最近になって看板の色が緑に変わっていることに気付いたのだ。

こうらくえん看板

「野菜ラーメン○○○」とわざわざ野菜という文字を入れて緑を強調している。

チェーン店だけに、この看板変更はすべて一斉に行われたらしい。

ラーメン屋が暖簾や看板を変えるというのは、よほどのことがない限りあり得ない。

その心意気を計るべく、久しぶりに店に足を踏み入れてみることにした。



昨年から務めているアルバイト店員もまだ働いていてが、ちょうど後輩のアルバイトからの質問を受けていた。

「お客さんから、おしぼりはあるかって聞かれたんですが、ありますか?」

しかし彼はまだ自分では答えることができず、他の店員にそっくり同じ内容の質問をして答えを得た。

「ないそうです」

その答えを、新アルバイト店員がお客さんのところまで伝えに行くが、お客からはすべて丸見えだ。



さすがアルバイト店員、余計なことは一切考えないのがいいところ。

君たちの仕事は、いつも同じ味のラーメンを、客の注文通りに作って、決められた時間以内に届けることだ。

だからこそこの店の値段を保つことができるというわけだ。それはそれでよいではないか。

ということで、じじいは新メニューである「野菜味噌ラーメン」を注文する。


以前この店で「五目あんかけラーメン」を注文した時に、レトルトパックを温め出したのを覚えていたので、ちょっと不安ではあった。

さすが看板にするだけあって、野菜はちゃんとフライパンで炒めてある。

こうらくえん野菜味噌ラーメン

この店のラーメンは昔から麺が喜多方風の平べったいものだったが、このメニューからか細麺に変わっている。

590円という値段でこの質なら納得の麺とスープである。

アルバイト店員は変わらずとも、ラーメンの味は変化してゆくことができるのだ。

この状況こそ今の日本経済を如実にあらわしているのではないかと、つくづく感じるじじいであった。
2016/09/18 09:00|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (23) 激汗、半額ラーメンの理由

ラーメンが好きでよく裏ラーメンミシュランなどと自称しているが、実はその活動範囲は狭い。

近くの店を何度も通うものだから自然とスタンプカードにハンコが増えてゆく。

先日もスタンプで600円引きでラーメンをいただいたのだが、この店はお好きなラーメン半額だと。

ま、もう少し貯めれば一杯無料になるのだが、そこまで付き合っちゃいられない。

無尽蔵スタンプ


お好きなラーメンが半額というのだから、値段の高いラーメンを注文した方が得だ。

そう思ったじじいは、メニューから全部トッピングした「DXラーメン」を選んだのだが、店員にあっさりと断られる。

よく見るとそのスタンプカードにも(*「DX」は除く)と書いてある。

しかもトッピングや大盛りも別料金を取るというのだ。まったくケチな店だ。



でも、こんなこと本家食べログに書くとすぐに訴えられるから要注意だぞ。

この前も「げりぴー最短記録」という一文だけで削除されたからな。店の奴しか訴えるやついねえっつうの。

だからもうあそこには書いてやんねえぞ、ざまあみろ。どんな楽しい話も教えてやんねえよ。がははは。

んで、結局普通よりちょっとだけお値段の高い「辛みそラーメン」を半額で注文。

ホントは辛いのが苦手なくせに、頭から汗をだらだら流しながら食べましたとさ。

無尽蔵からし味噌

2016/10/04 09:00|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (24) メニューの多い台湾料理店


近くのコンビニ跡地に「台湾料理」という店ができた。

台湾料理と言われても今一つピンとこないのだが、新聞に折り込まれてきたチラシからすると中華料理みたいだ。

期間限定でほとんどのメニューが半額サービス中というので行ってみることにした。

さすがに半額ということもあって、お昼時は駐車場も混雑していた。

どうせ家も近いので時間をずらして訪れると、店内は座席数が多く駐車場満車でも余裕がありそうだ。



調理場からは威勢のよい台湾語が飛び交う。

「シーシャンプウトウ」、「チューレンポウトン」、「チンタイヤオ」、「ロン!」

店内が空いていたので私は、8人ぐらい座れる広いテーブル席を独り占めにした。なんとも贅沢なVIP待遇気分だ。

半額だということで、「台湾ラーメン」と「麻婆豆腐」を注文。両方合わせても530円という安さ。

ランチタイムのメニューやら定食メニュー、ラーメンセットに単品料理の数々・・・。

さらには夜の部の、「飲み放題食べ放題プラン」に「生ビールセット」までと、そのメニューだけでもすごい数だ。

台湾料理セットメニュー


注文したものが順番に届いた。まずは台湾ラーメン。

台湾ラーメン


麻婆豆腐は鍋がグツグツ煮えたぎっていた。

麻婆豆腐


その後でやっと水が運ばれてきたのだが、空のグラスとポットを置いていっただけ。

そこからはセルフでお願いしますという、今までのVIP待遇気分は一気に消え去ってしまう。

台湾ラーメンは、まあそんな感じかなという風であったが、麻婆豆腐の熱さと辛さにはびっくり。

おいしいのだけれど口中が火傷してしまいましたとさ。

店内に掲げられた時計の、アナログとデジタルが絶妙のバランスを醸し出しているのでした。

台湾料理店内時計
2016/10/15 09:09|タベグロTB:0CM:0

タベグロ (25) 半額で客の多い台湾料理店


期間限定の半額メニューも今日までということで、二日連続での来店となった。

半額のうちにたっぷり食べておこうという貧乏人根性丸出しのじじい。

昨日は台湾ラーメンを食べたので、今日は普通の塩ラーメンを注文。

さらに半額だというのでチャーハンも頼んだ。

この時、一瞬店員のびっくりした顔を見たのだが、その理由が後になってわかる。



混雑を避けようと11時過ぎに行ったのだが、駐車場はほぼ満車。かろうじて空いている場所を見つけて停める。

店内も昨日より客が大勢入っていて、私が一人であることを告げると「少し待ってください」とのこと。

この店は居抜きで元がコンビニ店であっただけに、カウンター席というものがない。

だからテーブル席に一人ではもったいないとは思いつつも、案内されるままに4人掛けのテーブルに着く。

混雑している割には食べ物はすぐに到着する。ほとんど待たされている感じはない。


台湾料理 塩ラーメン

塩ラーメンは特徴がないのでコショウをたっぷりとかけて食べた。

台湾料理 チャーハン

そのすぐ後に到着したチャーハンの量の多さにびっくり。なんと2、3人前は十分にある。

その時点でもうじじいには無理だとわかったのだよ。ラーメンも頼んだし、ギャル曽根じゃねえんだし。

店員のお姉さんがまたやってきて、なにやらモゴモゴしゃべろうとしていた。

日本語てムツカシイのねえ、どれどれじじいが代わりにしゃべってやるのことあるよ。

「相席ですか?いいですよ」

するとお姉さんはにこりと笑って会釈をしてくれた。おっと、じじいにゃ惚れちゃいけねえぜ。



向かいの席に座ったおじさんは、私のチャーハンの盛りを見てか、中華飯単品を注文していた。

それが成果だよおっさん、半額だからと欲張って二日連続でたっぷり食おうなんて根性がいけねえ。

チャーハンも味どころの騒ぎではない。もっとパサパサしててほしいのことよ。

お腹の方はとっくにじじいの限界だ。ラーメンとチャーハンどちらも残してしまった曽根。

ふと、店内に掲げられた時計を見つめる。日本と台湾の時差に気付いたからだ。

確か一時間くらい日本が早いと思ったが・・・。

台湾料理 店内時計2

アナログさんとデジタルさんは、昨日とはまた違ったバランスでおいらをまた悩ませるのだった。
2016/10/16 09:00|タベグロTB:0CM:0

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.