●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

じじいの巣(31)

今日はおいらがいつも通うトレーニング施設のグラウンドでイベントだ。

入り口閉鎖されていて、第二駐車場が遠いことこの上ない。

見ると秋の運動会か、小さな子供が紅白帽をかぶっている。小さい子供ばかりなので保育園か幼稚園と思われる。

親たちの応援の車が多いために入り口閉鎖となったのだ。

グラウンドではマイクによるアナウンスとともに、競技が次々に開催されている。




体育館の二階からトレーニング中にグラウンドを見ると、子供たちが一斉にトラックを走り始めた。

これはなんという競技か考えたが、どうやらマラソンらしい。

子供たちの集団はトラックを回ると、そこを抜け出して屋外プールを含む施設内回りコースに変更。

ひとりだけ遅れて走る子供がいて、担任の先生らしき人がずっとついて回っている。

トレーニング終了した帰り道、その一人だけ遅れた子供と3人の先生が一緒に走る姿に直面した。




「まーちゃん頑張れ~」

他の子供たちから声援が響く。しかしまーちゃんの苦しい表情に変化はない。

そうだよ、俺も子供のころに経験がある。そんな声は聞こえてはいるが、何の応援にもなりはしない。

ついてくる先生たちの姿も見えはしない。ただ、心臓が飛び出そうなのをずっと我慢しているだけだ。

その時走れなかったおれが、今こうして毎日走っているのだよ、まーちゃん。

お前こそ二人目のまーちゃんだ。

子供たちの声援の「まーちゃん頑張れ」がそのうち「まーちゃん、まーちゃん」になり、「まちゃまちゃ」と変わってくる。

走り出すんだ、まーちゃん。じじいになる前に・・・。
2015/11/19 10:58|じじいの巣TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/81-aa007606

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.