●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ニコラス刑事・他人の不幸


月曜日の朝、ニコラス刑事が昨日の競馬について語り始めた。

「あんな乗り方じゃあ、馬がかわいそうってもんだ!」

お得意の騎手のせいで負けたという話だ。

ちゃんと乗っていれば勝っていたはずだという、彼の理論は負けたときの言い訳である。

彼が負けたときの言い訳は他にもある。

「あんな悪い馬場で走らされたら、せっかくの足が生かせないに決まってるだろう!」

彼の予想に馬場状態が入っていないはずはない。

彼はパドックから直前の馬場状態まで見極めてから、直前に馬券を購入することを信条としていた。

厩舎の管理が悪かっただの、ゲートに誘導する係員がわるいだの、とにかく他にその原因を結びつける。

決して自分の予想が間違っていたとは言わない。



彼は競馬で当たってもそのことを自慢するだけで、他の人におごってやったりすることはない。

他人が当たったときは、いくら儲けたかをしつこく聞いてくるのだが、自分が購入した金額や儲けた額を教えることもない。

自分の財布が他人より多いかどうかを必死に計算しているのだろう。

だから彼は他人の財布が気になって仕方ないのだ。

私が先日たまたま馬券を当てたときも、彼はしつこく聞いてきていた。

その後、競馬があるたびに「お前は金持ちだからな」と嫌味たっぷりに言うのだった。



それがつい最近まで続いたある日のこと。

「誰かさんはいっつも競馬で儲けてるからな」

また彼の嫌味が始まった。

「いつまでそんなこと言ってんですか。もう残高200円しかないですよ」

私がそういうと、とたんに彼の表情はにこやかになってくる。

彼の頬は緩みっぱなしで、あからさまに笑い出す始末。

そのゴリラ顔がいつの間にかマントヒヒに変化して見えのだった。
2017/07/06 09:00|ニコラス刑事TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/341-f36f2278

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.