●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ニコラス刑事・幕末を語る


私がお昼の食事をしようと休憩室に入ったら、例によってニコラス刑事が大きな声で話をしていた。

話の内容は「幕末~明治維新」のくだりである。

私はこの話を何十回と聞かされた。

彼は幕末のことなら何でも知っている。非常に詳しいのだ。

しかし、何度も同じ話を聞かされてはたまったものではない。

私はこの話が始まると、必ず別なことを考えるようになった。自然に・・・。



ニコラス刑事がつばを飛ばしながら話している相手は、新人君。

先日の日記、「性格診断」で書いた男である。(私が手相を作ってあげた)

そうだ、彼はまだこの話を聞いたことがなかったのだ。

新人君は、うんうんと頷きながら必死に聞いている。



ニコラス刑事のその話は、新撰組から始まり、坂本竜馬に及ぶ。

そこで、あの決まり文句が登場する。



「坂本竜馬を暗殺したのは誰だと思う?」


そして、相手が考える暇も与えずに、続けざまにこう言うのだ。



「あれは、西郷隆盛なんだよ。なぜかわかるか?」


さらに、相手に答える暇を与えない。


「竜馬を殺したやつが吐いたセリフを聞いた人がいるんだ。それが西郷隆盛の国訛りだったのさ」


もう、天にも昇るくらいいい気持ちになっている。


そして、さらに会津白虎隊の生き残りのかわいそうな話になり、最終段階だ。


「それよりかわいそうなのが、二本松少年隊だあ!」


ニコラス刑事がひざを叩く。くわえていた爪楊枝を飛ばし、その口調も一気にヒートアップする。


都合30分ほどかかっただろうか。ニコラス刑事は気分をよくして休憩室を後にした。




やっと訪れた静寂の中、私は新人君に声をかけた。

「どうだ、勉強になったか?」

新人君はメガネの縁を指で押し上げながら言った。




「いやあ、実は3回目なんです」


メガネのレンズがきらりと光った。その奥に見えるのは涙なのか。

恐るべしニコラス刑事。新人君もすでに被害者になっていようとは・・・。



わが職場では、ニコラス刑事のいる前での歴史の話はタブーとなっている。

そこから強引に幕末へタイムスリップさせられるからだ。
2017/03/10 09:00|ニコラス刑事TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/281-db2da504

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.