●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

じじいの巣 (92)

交替勤務で体調がおかしくなって睡眠障害になっていたじじい。

毎月医者に通って薬を処方してもらっていたんだよ。

毎月同じ薬なのにまとめて一か月分しか出せねえんだとよ。めんどくせえな。

でも、春先に眠れなくなった時にゃあ本当に恐ろしかったよ。

安心して眠れることのありがたみを本当に感謝している今日この頃さ。



今日のじじいは夜勤明けの体調不十分で医者に来日だぜ。

受付で順番の書かれた診察券をもらって、自分の番号が呼ばれるのを待っているのがこの医者のシステム。

そんな時に、おいらよりもっとじじいな人が受付にやってきたよ。

「あのお・・・、診察券まだもらってないんだけど・・・」

「いえ、さっき一緒に渡しましたよね」と、受付嬢。

「いやあ、探してもないんですよ」もっとじじいは頭をかく。

受付嬢は待合席にまでやってきて、付添いの奥さんだか娘さんだかわからないおばさんに話しかける。

「すみませんが、一緒に探してあげてもらえませんか?」

その後二人でもこもこしていたと思ったら、「あ、あったじゃない!」とおばさんの声。

「すみません、ポケットの中に入っていました」

診察券行方不明事件はこれで一件落着、めでたしめでたし。



でも、これからの時代はこんな感じの年寄り対応が増えてゆくだろう。

高齢化社会に対応する受付嬢などは、もしかすると英語をしゃべることより難しいかもしれない。

おいらだって他人事じゃない。もう10年もすれば同じこと、問題は付き添ってくれる人がいるかどうかだ。

それを思うと不安になってきて、まだ薬をやめることはできないなと感じるのである。

しかし車で45分かかるこの医者まで夜勤明けに訪れるのはさすがにつらいよ。

睡眠しやすい薬もまだ効いてるしな。

2017/01/31 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/263-256e224c

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.