●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ミステリー・まるしー(解決編)

(*先日の「ミステリー・まるしー」の続き)


私は朝食を食べ終えた後に、日本茶をすすりながらタバコの煙をくゆらせていた。

今回の事件は、暗号解読が謎を解く鍵だった。

あの丸の中にCのような文字が書かれたもの、あれが重要なポイントであった。



ピストンくんはまだ踊り続けている。そのまま放置しておくと腰を壊すかもしれない。

私はそっと声をかけた。「おい、ピストンくん!」

そのとたん、ピストンくんの腰は激しく振り乱れた。

まるで音に反応するおもちゃ「フラワーダンス」のように・・・。





~てってってー、てれってってっててれってって♪ (ご存知やしちのテーマ)


賊の刀がはちべえめがけて振り下ろされる。

その時、一本のかざぐるまが飛んできた。やしちだ。

カキーン!

賊はなんなくそれを振り払う。

「あ、兄貴~!」

「おう、はち。大丈夫だったかい」

はちべえの口はまだへの字に曲がったままだ。腰を抜かしてじたばたしている。

やしちはふところからかざぐるまを出し、賊に投げつける。

今日の相手は一人だ。すぐにやっつけられる、そう思っていた。

しかもふところには、おかみさんからくすねてきたものがたんまりとあったので安心だ。

賊の急所めがけて次から次と繰り出されるかざぐるま。

しかし、それはことごとく跳ね返される。かなりの使い手のようだ。

賊はやしちに向かって切りかかってくる。

「ひいぃぃぃ~!!」

正気を失ったはちべえが手に持っていただんごを投げつける。

シャキーン!

賊はだんごも振り払う。

が、とたんに目を押さえてうずくまってしまった。



「今だ!!」

やしちの赤いかざぐるまが賊の急所に突き刺さる。

「うあぁぁー」

賊は大の字になって倒れてゆく。

しばらくして、死んだ賊の手をそっとどけてみると、その目にはあんこがびっしりと入っているのだった。

「おい、はち。でかしたな」

「おいらにかかりゃあ、ざっとこんなもんさ」

はちべえは下半身をびっしょり濡らしたまま得意げになっている。

「ご隠居、じゃああっしはこの辺で・・・」

いつしかご隠居も店に戻っていた。

「やしち、ご苦労じゃったのう。それでは行くとしますか」

「ご隠居~、おいら腰を抜かしちまって動けねえよう」

はちべえはまた泣きそうな顔になる。

「わあっはっはっはっはあー」

ご隠居の高らかな笑い声が辺りの山々にこだまするのだった。


(完)




「いいかげんにしてくれたまえ!!」

名探偵・逆コナンの声にもピストンくんは気づかない。

仕方なく往復ビンタを喰らわして、なんとか正気にもどすことに成功した。

さて、今回の事件の解説をしよう。例の「まるしー」文字は、ギャル文字だった。




まるしー 001

(よく見てほしい)

この文字、若いギャルが見れば簡単に読めてしまうのだから不思議だ。

この事件のトリックは、わかる人には実にあっさりとわかってしまうものだったのだ。


ここでBGMが流れる。曲は「オオカミなんか怖くない」、歌っているのは、八重歯のかわいい石野真子ちゃんだ。



~あなたがオオカミならー、こーわーくなーいー♪  (真子ちゃんもいい)





部屋に貼られたポスターのほぼ中央に、ピンク色の唇が輝いている。


その唇の間に、にょきっっとはみ出した八重歯。


彼女のかわいいタレ目に沿って放物線を描きながら下っていくとそこに突き当たる。


私は自らが望んだようにその唇に吸い込まれて行く。


吸い込まれてゆくときに、八重歯が私の身体をこする。心地よい感触だ。


あぁ、その愛くるしい八重歯で噛んで欲しい!


いっそ、噛み切ってもらいたい!


真子ちゃん、らもー!!





「そこまでだ!!」


名探偵・逆コナンの決めゼリフでわれに返った。

そうだ、まだ事件解決の真相を解き明かしていなかった。


まるしーの文字はギャルたちが使っている「ちゃん」の略した文字だったのだ。

なんでも略せばいいというものではないが、これからの日本語もいずれはこうなってゆくのだろう。

正気を取り戻したピストンくんは、お買い物に行くというので帰ってしまった。彼女も忙しかったのだ。



事件が無事に解決したところで、私はその紙切れをテーブルに戻そうと思った。

ふとした拍子に裏返ってしまった紙の裏を見て、私は驚愕の色を隠せなかった。

そこには解決を裏付ける言葉が記されていた。



まるしー 002

(これでもうおわかりだろう)

彼女はハムスターを飼っていいかと家族にアンケートをとるつもりだったらしい。

ハムスターは子供たちの間で、「ハムちゃん」と呼ばれているのである。

そういえば、先日もそのようなことを聞かれた記憶がある。




今回の事件も無事に解決した。名探偵・逆コナンに解けぬ謎などないことを証明できた。

でもまだ安心はしていられない。

この世にはびこる不思議な事件はまだあとを絶たないから・・・。

2017/01/27 09:00|ミステリーTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/260-86090860

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.