●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

続・春を待てない


ある心のやさしい方が、「タラの芽のその後」が気になるというので、以前のエッセイに書いたタラの芽について経過報告をしたいと思う。

実はもう二回ほど食べたのだ。天ぷらにして・・・。

でも、そんなにうまいとは感じなかった。小さいからだ。

天然のものであれば芽の部分が大きく、その分味もあるのだが、我が家の中で栽培されたものは葉っぱを食べるような感じになってしまう。

だから、「何かの天ぷら」を食べている、というところだ。

その収穫の際に、また水をこぼした親父と私が、一触即発状態になったのは、「仮面フーフ」に書いたとおりである。

現在の様子をご覧いただこう。



タラの芽 001

(クリックすると拡大するらしい)

小さい芽がたくさん出てきているのがわかるだろうか。

わからない人がいると思うので、もう一度言っておこう。

この写真に写っている栽培ボックスは、ごく一部であるということを・・・。

このようなものが、家の冷蔵庫やら、たんすの上やら、いたるところに設置されているのだから大変である。

私がパソコンをするときに座っている場所のすぐ側、ちょうどテレビの上に三角形の板まで取り付けられてしまった。



タラの芽、その後

(棒グラフも伸びている)

こいつらが次から次と芽を出して、「そら食べろ、ほら食べろ」と天ぷら攻撃が続くのだからたまらない。

昨夜の夕食のそばにもこれが付いてきた。それはよかった。

まだ二回目だから・・・。

恐ろしいのはむしろこれからであること、さらには私の頭に「三角形のかど」が落下してこないことを祈るばかりだ。



私が怒りたくのも少しはお分かりいただけたであろうか。

いつかは起こりうる事件に、私は怒りを覚えているのだ。

そんな私を、この「にょきにょきマシーン」は、両手を広げて笑っているようにさえ見えてくるから憎らしいではないか。

間違っても「かわいい」などと思わないでもらいたい。



やつらはきっと狙っているのだ、私の頭を。

そして、流血したブッチャーのようになった私の姿を見て、また笑うのだろう。




2017/01/15 09:00|二期TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/253-a51eedd4

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.