●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

トイレ28号

妻の実家に泊まった時、トイレで意味がわからず悩んでしまった。

この家のトイレは最新式の洗浄器付きなのだが、使い方がよくわからない。

もちろん私は以前の記事「てめーの尻を拭け!」で書いたとおり、洗浄器は苦手だから使わない主義だ。

くすぐったいし、洗ってもよく取れないからだ。その辺の苦労についても、以前書いたので省略させていただく。

便器から少しはなれた場所にリモコンが設置してあるのだが、その表示の仕方がおかしいようなのだ。

ウオシュレット 001

(文字が読めるだろうか)

トイレのマークが描かれている絵に注目してもらいたい。

洋式便器が片手を挙げているように見える絵の下には「おしり」、両手を挙げて万歳している絵には「ビデ」という文字が書かれている。

「ねえ。ビデさ~ん」

便器が必殺仕事人の飾り職人にまで親しげに話しかけるようにさえ思えてくるではないか・・・。



私の頭の中で、最先端技術を駆使したトイレ型ロボットが話しかけてくる。



「はじめまして、私は最新式洗浄器付きトイレ28号です」

トイレの癖に生意気な。いったい何のためにしゃべるというのか・・・。

「このリモコンの絵はおかしいんじゃないか?説明してみろ!」

「それではまず、真ん中の「おしり」ボタンを押してみてください」

言われたとおりボタンを押すと、ウィィーーンという音とともに便器のふたが上がる。

とてもスムーズな動きじゃないか。さすが最新型ロボットだ。

「では、私に腰掛けてください」

私はズボンとパンツを下ろして彼の上に腰を下ろす。ああ、暖かいぞ。



いや、待てよ??

私は小便をしに来たはずだ。なんで腰を下ろさなくちゃいけないんだ。

「おい、おれは小便だけしにきたんだよ。なんでこんなところに腰を下ろす必要がある?」

「しばらくお待ちください」

背中のほうでピロピロと変な音が聞こえる。どうやらコンピューターが作動しているのだろう。

ぷぅー!

あ、屁が出てしまった。

しかし、匂いを検知したのか、すぐに脱臭ファンがシュウィーーンと静かな音で回りだす。

「私のコンピューターの分析によりますと、あなたはかなりの便秘状態です」

そういえば一昨日あたりから出てないな。しかし、そんなことは余計なお世話だ。

「次は右端のボタンを押してください」

例の両手を挙げたようなボタンだな、これを押したからなんだというのだ。ポチッ!



ウィーーーーン、ウィーーーーン。


シュポッ!!(あぁっ・・・


何か変なものが私の肛門に突入してきた。


シュシュシュシューーーッ!!


「やめろ、バカヤロー!いったい何をする気だ!!」


私はあわてて左側の「止」ボタンを押して立ち上がる。


黙っていれば好き勝手なことばかりしやがって、このくそロボットが!





すぐにトイレを後にした私だったが、どうやらあのロボットに下剤を注入されたようだ。


腹がゴロゴロしてきたぞ。ああ、もう我慢できない!


慌ててトイレにかけ戻り、急いでトイレのふたを開ける。


・・・!!


しかし、トイレのふたはどうしても持ち上がらなかった。


「先ほど、私をバカヤローと言いましたね・・・」


トイレ28号の声が冷たく響き渡る。


狭苦しいトイレの中で土下座して便器に謝る私の顔に冷たい汗が流れる。


ほどなくして私の尻の辺りから春の小川のせせらぎが聞こえてきた。
2016/12/06 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/235-e33cfa59

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.