●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

エコロマン (4) 再利用


肌寒い季節になった。

子供たちや妻も風邪をひいている。もうそろそろストーブを出さなくてはならないのだろう。。

私は比較的風邪が軽いほうなので、毎年インフルエンザの予防接種も受けていない。

私以外の家族はみんな予防接種を受けているが、風邪をひくのは同じことだ。

しかし、寒くなるとやけに鼻水が出て困るのだ。

世の中にはてっしゅという便利なものがあるから、出たらすぐにかめばスッキリする。

本当に便利になったものだ・・・。



あっ、またくしゃみが出た。

この後で必ず鼻水の攻撃がやってくるのだ。ほうらたれてきた。


おお、てっしゅぷりーず!!


私はザッザッザと3枚一度に取り出して鼻にあてがう。ここからがポイントだ。

一度に両方かめば時間の節約になるが、耳がキーンとしておかしくなるから要注意。

片方の穴を指で押さえながら交代して鼻をかむ。これが流儀というものである。

使ったてっしゅはその辺に置いておかないでちゃんとゴミ箱に捨てなくてはいけない。

後で間違えてつかんだときの「グチャ」という感触と湿り気は、たとえ自分のものでも嫌なものだ。

私は丸めたてっしゅをゴミ箱へ放り投げる・・・。



「ちょっと待ったぁーー!」

いきなり障子戸を開けて入ってきたのは、全身白タイツの男エコロマンだ。

「お前はいつ入ってきたんだ」

「私は地球環境を守るためなら、いつどこにでも現れるのだ」

エコロマンの胸の葉っぱのマークが、心なしか震えているように感じられる。

家族も驚いている。私はまた何か嫌な予感がして、妻と子供を他の部屋に行くよう命じる。

「まだ使えるのに捨ててはもったいないよ」

エコロマンはゴミ箱をあさって、丸められたてっしゅを探し出す。

「ほうら、こんなにたくさん捨ててあるぞ。ああ、もったいない」

「一度使ものは捨てるに決まっている。そんなことしてたら手が汚れてしまうじゃないか」

「手が汚れるのは水分があるからなのだよ」

エコロマンは拾ったてっしゅを広げて、私に鼻水の塊を見せつける。

「汚いからやめろといってるだろう!!」

「これくらいなら私が再生してあげるよ。お任せあれ!」

彼はそういうと、タイツの中にてっしゅを押し込んでしまった。



「ちょっと待ってね」

彼は胸のマークに手を当てると、そのまま下の方へ撫でるように運んでゆく。

その手が腹の下に到達した時、彼は私を見てニヤリと笑う。

「ほいきた!」

もう一度タイツの中に手を入れてゴソゴソとやりだし、先ほどのてっしゅを取り出したようだ。

「や、これはこの前の・・・」

彼が取り出したてっしゅは見たこともないようなこげ茶色をしていた。

慌ててタイツの中にしまいこみながら、強烈な異臭とともにエコロマンは去っていくのだった。

2016/10/25 09:00|エコロマンTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/211-a948cd3e

↓投票するのよっ!! 




人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.