●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

神様の贈り物 (あかいろ号)


会社の駐車場から職場へ行くまでの間、かなり距離があるので自転車を使っている。

天気のいい日は良いのだが、雨や雪になると徒歩よりもひどいときがある。

傘をさしての運転は危険なので、合羽を着なければならない。

夏場などは着るだけで汗をかくから、何のための合羽かわからない。

最近は雪が多いので、合羽を着なくてもいいのだが、雪解けの水がやたらにズボンにかかるのだ。

それもなぜか右足の方にばかりかかるように思える。




昨年の秋ごろに、私の愛自転車の「みずいろ号」はオシャカになってしまった。

「タイヤの空気がすぐになくなってしまう」という難病に犯されていたので、そんなに長くはないと思ってはいた。

しかし、それが現実になると大変だ。自転車で来る距離を歩くとなると、通常より十分は時間がかかる。

その分早起きが必要になるので、寝起きの悪い私には精神的な苦痛が伴うのだ。



しかし、神様はそんな私を見捨てなかった。

駐輪場に一台だけ、私のために代わりの自転車をプレゼントしてくださったのだ。

ちょっと古くサビ付いていたが、空気を入れなおしたら、まるで私を待っていたかのように、軽快に動き出した。



断っておくが、私は盗んだのではない。


放置自転車を借りているだけである。神様の許可を得て・・・。





その自転車は「あかいろ号」と名づけられたが、実際にはサビ色をしていた。

あまりにもズボンの裾が汚れるので、気になって調べてみた。




自転車

(クリックすると拡大するらしい)

そうだ、泥除けがボロボロになっていて役に立たないのだ。

さすがの私の長靴もここまで長くはなかった。

でも、そんなことでめげてはいられない、この私にはすばらしい運転技術がある。

秘技「両足上げ運転」、「水溜りよけ走行」などのウルトラCを駆使して、汚れのほとんどを回避することが出来るからだ。

しかし、そんな高等な運転テクニックを持ってしても、太刀打ちできない致命的な持病が「あかいろ号」にはあった。



ブレーキが効かないのだ、わずかしか・・・。しかも「んぎゃあ」と叫ぶ。



時々、ぶつかりそうになりドキリとすることもある。

しかし、神からの授かりものをそう簡単に粗末にはできない。

私の目の黒いうちは、「あかいろ号」を放置などさせてなるものか。

ハンドルも少々変形しているが、これも慣れてくればかわいいものである。

あんまりかわいいので、私の名前を書いたシールを貼ってあげた。「あかいろ号」も心なしか喜んでいるように見える。

これで晴れて私と一心同体になれたのだ。



放置され続けた日々から比べたら、なんと有意義な毎日を過ごしていることだろう。

私はいつかこの「あかいろ号」が、きれいなおねいさんになって恩返しにくるのではないかと思っている。
2016/10/08 09:00|二期TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/200-bf94afca

↓投票するのよっ!! 




人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.