●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

外人エックスの子孫


子供の下敷きを買うために、またジャ○コへやってきた。

下敷きくらいどこでも売っているのに、わざわざこんなところまでやってきたのだ。

かわいいキャラクターの絵がついたものがいいらしい。

子供用雑貨売り場へ行ってみると、そこには「撮影禁止」の貼り紙がある。

なぜ撮影を禁止しているのかその理由がわからない。

もしかしたら、私がマークされているのだろうか。いつも写真を撮っている姿を見破られているのか・・・。

「あっ、これチョウかわいい!ね、お父さん見て見て」

また始まった。これが長くなる原因だ。

私はまたぶらっと一人旅に出た。



子供服売り場を通り過ぎようとしたら変な視線を感じた。

いつもとは違う感じだ。誰かに見られているようだ。

誰だ!




ギャル

(目が大きいぞ)

これは新種のマネキンだ。日本人なのだろうか、ギャルをイメージしているようだ。

それにしても目が大きい。マンガの世界から飛び出してきたようなお人形さんだから面白い。

今にもギャル語を喋りそうな感じぃ?

外人マネキンの時代も終わりを告げるのだろうか。



しばらく歩いてゆくと、やはり外人マネキンがいた。しかし、子供のようだ。

マネキンも子供だがさすがに外人だけあって背が高い。私より少し低いぐらいだ。




子供

(かっこいい)

子供のくせにイケメンだ。右側のマネキンなどは、なんとかピットに似ているではないか。

でも、さすがに子供だ。半ズボンをはいているあたりは外人といえど、まだ小さい子供なのだ。

私は少しばかり優越感にひたっていた。




私の頭の中は、元祖日本人マネキンとなって、子供マネキンを少しばかり見下ろしていた。



外人エックスには負けたが、まだまだ子供相手なら負けはしない。

それにしてもかわいいではないか。左側の子供が手を振って私に話しかけてきた。

「おじさん、こんにちは」

「はい、こんにちは。君たちは最近来たばかりのようだね」

「おじさんは日本人のマネキンだね。初めて見たよ」

右側のピットくんも話しに加わってきた。

「おじさん、その格好で寒くないの?」

タンクトップに半ズボンという私の姿を、見透かされたような気がした。

「だって、最初からこの格好だから仕方ないんだよ」

外人エックスに比べて、私のぽこりんくんが短いからだという事実は隠しておいた。

この間、外人エックスの長いズボンが下がったときに、まざまざと見せつけられたのだ。

あの時は自信を喪失させられた。マネキンなどになった自分を呪わざるを得なかった。



しかし、この子供たちもかわいいではないか、やはり子供だから半ズボンだ。

「そういう君たちこそ、半ズボンじゃないか」

ピットくんはニヤリと笑いながら言った。

「でも、おじさんのより丈が長いから大丈夫だよ!」
2016/10/06 09:00|外人エックスTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/199-080d83ca

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.