●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

偽装された手相占いの結末

職場の休憩室で、新人君が本を読んでいる。

新人といっても、もう30を過ぎた独身男性である。

その様子は、何か悩んでいるようだった。

心配だったので近寄ってみると、自分の手と本を見比べている。

本には、性格診断みたいなものが書かれていた。

ひとつの質問の後、YesかNoに分かれる矢印がついていて、それにしたがって次のマスに進み、また質問にYesかNoを答える。

これを繰り返してたどり着いた先に、「あなたの性格は・・・」という昔からあるやつだ。



「何を悩んでるんだ」と聞くと、

「手相がわからないんですよ」と答える。

「手相ならおれが見てやるよ」

「それが・・・、見えないんですよ」


(何を言っているのだ。こいつは)



「どれ、見せてみろ」


性格診断の本を見ると、スタートのマスに手相が書いてある。


「あなたの頭脳線は上にありますか、それとも下にありますか」という質問だった。

新人君は手のひらを私に見せた。

私は本に書いてある図とその手のひらを見比べた。・・・何度も。



ない!




この男には頭脳線がないのだ!!




「でしょ」新人君が同情を促す。


新人君はメガネをかけている。

メガネをかけている人間は頭がいいものだと、私はずっと信じていた。

そんな馬鹿な筈はない。

私は新人君の手をとり、手を少し握らせた。



「ほら、これでいいだろう」


うっすらとできたしわを頭脳線に見立てて、矢印をたどると今度は結婚線だ。



ない!



この男には結婚線もない。





「お前はアホの坂田か!!」


と、思いっきりつっこんでやったら、さすがにしょぼんとしている。


「~よいとせーのこらせ♪」 を期待したのが間違いだった。


かわいそうだから、仕方なくまた結婚線を作ってやった。




そうして、やっとたどり着いた先にあった答えは、

「まあ、いいとこもあるけど、悪いとこもあるから気をつけなさいよ」みたいな言葉。


苦労して、無理やりこじつけて、やっとたどり着いたのに・・・。

休憩時間はそれで終わった。
2016/09/11 09:00|二期TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/185-a9694b21

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.