●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ロト6で得をした男

ロト6を買っている店が、あまりにも当たらないので店を変えることにした。

いつもは近くのドラッグストアで買っていたのだが、まったく当たらないからだ。

あれほど研究を重ねたにも関わらず1000円すら当たらない。これは店が悪いのだろう。

休みの日にジャスコへゆく用事があったので、その敷地内にある専門店で買うことにした。

キャンピングカーみたいな箱型の小さな建物の中に、女性の店員が一人で売っている。

私はそこにある購入カードに、例の十分に検討した番号を塗りつぶしてゆく。



そのカードと引き換えにまた新しいくじが発行された。5回分2口で2000円である。

その時ついでに持っていた外れくじを店員に渡したのだが、そちらが先に帰ってきた。

機械に入れると、当たりがわかる仕組みになっているらしい。

間違って捨ててしまう可能性があるので、必ず確かめたほうがいいと500円貯金の彼に聞いていたのだ。

戻ってきたはずれ券と、レシートには0円と印刷されていた。うん、確かにはずれだった。

そしてやってきたのは新しい宝くじ。億万長者になるための切符である。

「よかったらこれもどうぞ・・・」

そう言って彼女が差し出したのはボールペンだった。




ロト6のおまけ1

(ロト6オリジナルだ)


私が今まで買っていた店ではこんなものくれなかった。すごいサービスの違いである。

これだけサービスされては、今度からはこの店で買おうと思いたくなる。



次の日、会社へ行って500円の彼にその話をした。

「おれなんかいつもそこで買ってますから、いろいろもらいましたよ」

「じゃあ、ボールペンもたくさんもらっただろう?」

「ボールペンだけじゃなくて、いろんなものをくれるんですよ。ハンカチとか・・・」

なんということだ。私が知らない間に、彼はたくさんの商品をもらっていた。

毎回外れるにしても、いろんなグッズをもらえるのはいいではないか。私はそのハンカチというのがどうしても気になっていた、

「ハンカチはいいなあ」

「でも、ロト6の絵が描いてあるやつですよ。いりませんよ!」

「だったら今度持ってきてくれ」



ロト6のおまけ2

(端っこがギザギザ)

私が彼にもらったハンカチというのは、ちょっと普通のものとは違っていた。

ハンカチというよりも、なにかの敷物のようである。しかも数字がやたらと並んでいる。

どうやらこれを使って番号を決めてくれと言っているらしい。しかし、いったいどうやって・・・。



・・・!!



先にもらったボールペンを使えば、ダーツ方式で番号を選べるのではないか。

素晴らしいことに気づいた私は、さっそく挑戦してみることにした。

しかし、ボールペンを投げても刺さるどころか、先っぽが折れてしまうだけである。なにかいい方法はないものか・・・。

そうだ、上からボールペンを落として、その先が示した番号を買えばいいのだ。これなら簡単に出来そうだぞ。

番号が書かれた敷物をテーブルに置いて、上からボールペンを落とす。緊張の一瞬だ!




ロト6のおまけたち


ボールペンの先は、今回も外れてしまうことを暗示していた。

2016/09/01 09:00|二期TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/173-8ff5ee06

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.