●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ミスター・ロボット

近くの温泉場に有名な中華料理店が出来た。

おいしいと評判らしいので、家族で中華料理のコース料理を食べに行った。

先日の夫婦喧嘩の仲直りの意味もあるのだろうか、全て妻が手配してくれたのだ。

でも、本当のところは、期間限定で安く食べれるという話を聞いたかららしい。

それにしても一人前四千円は高いと思うのだが・・・。

しかし、四川料理と名のついたコースは、肉がメインの料理であった。私は肉があまり得意じゃないので、あまり食べるものがなかった。

スペアリブや、ポークのサンドイッチ風のものなどがメイン料理だったようだ。

中華料理 001

(クリックすると拡大するらしい)


最後にふかひれスープが出て、これには全員期待を寄せたのだが、ついにその味の違いを理解する者はいなかった。

つまり、我が家族はみんな貧乏舌だということである。これだけは分かった。



隣に温泉があり、半額で入浴できるというので、帰りに寄ってみた。

意外と空いているようで、更衣室には人が入っている痕跡を感じさせなかった。

男湯は貸切状態であると思われた。

私は意気揚々と扉を開けた。

しかし、中には人がいた。一人だけ。

私の視界90度左におられたのだ。



背中絵を描かれた、あのお方が・・・。

私はすぐに視線をそむける。全身が急激に冷えてくる。

そして視線を前方に固定したまま、直進歩行を続ける。



あぁ、このまま最果ての地まで歩き続けたい・・・。

ところが、すぐに浴場の縁にたどりついてしまう。

(あっ、洗面器が無い)

私は洗面器を探した。身体をそのままにして首だけを90度曲げた。もちろん右90度だ。

幸いにも洗面器を発見した私は、今度は首の向きに身体を合わせる様にして進行方向を変えた。

そしてまた前進。ぎこちない動きだ。

洗面器を取ると、今度はくるっと180度向きを変え、また前進。



そうして、やっと風呂に入った頃、あのお方も出て行った。

今頃更衣室で爆笑しているのだろう。

私のロボットダンスを・・・。



私の動揺はそれだけではおさまらなかった。また戻ってきそうな気がしてしょうがない。

鏡に向かい、ひげを剃っていたのだが、安物のT字カミソリにしては、スムースに剃れると思っていたら、

ふたを付けたままで剃っていたのだ。ひげは丸々残っていた。

風呂を出ると、すぐ横に畳の休憩室がある。20畳はあるだろうか、広い部屋である。

そこにおられたのだ、あのお方が・・・。20畳を一人で独占しておられる。

私はすぐに向きを変え反対方向に歩き始める。

またロボットダンスの始まりだ。

(おれはどこへ行くのだろう?)

少し歩いたところで、90度向きを変える。私はトイレに入った。

用もないのに・・・。
2016/06/14 10:39|二期TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/135-c43119df

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.