●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

日系ハーフ三世・赤ちゃんをすり替えろ!(第七話)

~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!♪



「早く着替えなさいよ、オルガァ!」

次はいよいよおいらの出番だっていうのに、ズボンがなかなか脱げないんだ。

だって、ワルサPKRが引っかかっちゃってんだもん。峰子ちゃん話しかけないでおくれよ。

おいらのワルサPKRは、その声を聞いただけで火を噴きそうなんだぜ。

「やい、オルガ。お前まさか大きくなってんじゃないだろうな・・・?」

ジネンのやつ知ってて言いやがる。ったく、頭にくるやつだ。



やっとのことで着替えたおいらに、峰子ちゃんの指令が言い渡されたんだ。

「今度は5階の紳士服売り場よ。あそこにはトイレットペーパーが9個あるはずだから、全部いただきよ」

「でも、峰子ちゃん。おいらの格好じゃそんなに持てないよー」

さっき三衛門が苦労したのを知ってるからね。

「あなたには変装してもらうわ。ほれ」

そういって峰子ちゃんは、おいらにカツラを投げてよこしたんだ。パーマのかかった長髪みたいだ。

「フランスで特別に作らせた高級品だから大切に使うんだよ!ついでにこれも仕込んでおきな!」

峰子ちゃんは新聞紙の束をまとめて差し出したんだ。

「あんたはこれから妊婦さんになるんだよ。行き先は女子トイレだからね、間違うんじゃないよ!」



そうかあ、腹に新聞紙を入れてお腹を膨らませるってわけか・・・。峰子ちゃんは頭がいいよね。

「トイレに入ったら、お腹の新聞紙とトイレットペーパーを入れ替えるの。女子トイレだから個室が多い分、収穫も多いのよ」

「わかったよ峰子ちゃん、それなら簡単に出来そうだ。さすがだねえ」

「あんたに褒めてもらってもうれしくなんかないわよ。さっさと準備しなさい!」

ひえぇーー、相変わらず峰子ちゃんはきびしいね。でも、そんだけおいらに期待してくれちゃってるってわけ。



おいらたちは予定通り5階の紳士服売り場に到着したんだ。さすがに女性より男性の姿が多いよ。

こんな場所で女性トイレを狙うってのもちゃんと計算済みなんだろうなあ。

ジネンと三衛門はトイレが見渡せる場所でウロウロしてる。峰子ちゃんはどうやらおいらと一緒にトイレに来てくれるみたいだ。

「峰子ちゃん、やっと二人っきりになれたね・・・」

おいら、トイレで愛の告白をしようとしたんだ。こんなチャンス滅多にないからね。

「あんたが心配だから監視しにきただけだよ、ばーか!」

「峰子ちゃん、実はおいら前からキミのことす・・」

ビシィッ、バシィッ!!

「ごちゃごちゃ言ってないで早く仕事しなっ!」

おいらの両方の頬をビンタが往復しちまったぁ。

うんうん、わかるよ峰子ちゃん。脳しんとうを起こすぐらいに君の気持ちが伝わってくる。

だってキミは恥ずかしがり屋さんなんだもんね。



おいら、頬にじーんとする痛みを感じながら個室に入ったんだ。

ここからはおいらの腕の見せ所ってわけ。変装だって完璧だから誰にも気づかれてないしね。

「峰子ちゃん、悪いけどカギ閉めるから、なんかあったら声かけてね」

峰子ちゃんの姿が見えないと、ブロックサインも確認できないからね。

「おう、まだ喋ってんのかてめえ!ちゃっちゃと仕事しなっ!」

ドガーン!

峰子ちゃんはブロックサインの代わりに、思い切りドアを蹴ったんだ。

びっくりした拍子に腹に入れてた新聞紙がみんな出ちまったぁ。



*(第八話)に続く
2016/05/15 10:12|日系ハーフ三世TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/123-a519c081

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.