●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

日系ハーフ三世・赤ちゃんをすり替えろ!(第四話)

~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!♪



駐車場に着くと、みんながおいらのボルボ13に乗って待っててくれたんだ。

今回も見事にピンチを乗り切ったおいらに、峰子ちゃんはきっとぶちゅうをくれるはずさ。

「いやあ、危なかったねえ」

「あら、私の準備したとおりうまくいったでしょ」

そうか、峰子ちゃんは先に逃げちゃってわからないんだ。

「あの後、ジネンが店員にやばいとこ見つかっちゃってさあ・・・、なあジネ~ン!」

ジネンは知らん顔して反対側の窓の外を見てるよ。自分のミスは隠そうって魂胆だな。

「とにかく今回はうまくいったようね。ジネンご苦労様、ぶちゅう~!」

なんと、危うく失敗しそうになったジネンにぶちゅうだよ。一番活躍したのはおいらだぜ!

ジネンはシルクハットを取って、赤くなった顔を隠そうとしたんだ。よっぽどうれしいんだろうね。

でも、そのシルクハットはすぐに股間に持っていかれちゃった。なるほど、そっちを隠すってわけ・・・。



「次は4階の子供服売り場よ」

「えーっ、またこのデパートに行く気なのかい?そりゃまずいよ峰子ちゃん」

おいらたった今やばい状況を乗り切ってきたというのに、また行くなんて・・・。

「今度は4階だし、次は怪しまれないように警備員の制服をちゃんと用意してあるから大丈夫よ」

って、またこの前の使いまわしかい?お金持ちなんだから、もっとかっこいい服にしてくれればいいのに。

「今度は三衛門の番よ。しっかり頼むわね」

「イエッサー!!」

目の前でぶちゅうを見せられては、やらずにいられないって感じだね。三衛門のやつもいつもより気合い入ってるようだ。

「4階のトイレには6つの予備があるわ。上の階へ行くほど在庫は多いってことね、わかるでしょオルガ?」

おいら峰子ちゃんの太ももばかり見てたから聞いてなかったよ~。

「大事な話してる時によそ見ばっかしてんじゃねーよ!」

ビシィッ!

「そんなに見たかったら、仕事に精出しな!」

相変わらず峰子ちゃんのビンタは痛いよ。まだ鼓膜がジィンとしてる。

でも、それだけ奥深くまで峰子ちゃんの愛を感じられるってことなんだね。



「今回はトイレには一人で入ってちょうだい。私たちは少し離れたところで見てるからね」

「でも、誰か入ってきたらまずいんじゃないですか?」

「大丈夫よ、入り口付近にはオルガにいてもらうから。いーわねオルガ!」

「わ、わかったよ。でも、おいらにもご褒美おくれよ」

「それはちゃんと仕事が終ってからのお楽しみ、お・ま・せ・さ・ん。チュッ!」

ああ、峰子ちゃんの投げキッス攻撃だぁ!おいらもうこれだけでメロメロだよ。

「峰子ちゅわぁーん、おいらシャカリキになって働くかんね。任せておくれ!」

三衛門はこっちを見て不機嫌そうな顔をしてるよ。ざまあみろ、やっぱ峰子ちゃんはおいらのこと・・・、

ビシィッ!

おー痛え!おいら何にもしてないのにひどいじゃないか。

「峰子ちゃん、何だよいきなり」

「あ、ごめん間違っちゃったぁー。あんたがうれしそうな顔してるとつい叩きたくなっちゃうのよ。癖になってるのね」

なんてこったい、おいらは条件反射のおもちゃじゃないんだぜ!

でも、頬の辺りにじんわりと峰子ちゃんの手の感触が伝わってくるのさ。

ホント、愛って深いよねえ・・・。



*(第五話)に続く

2016/04/25 10:32|日系ハーフ三世TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/114-035162de

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.