●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

日系ハーフ三世・赤ちゃんをすり替えろ!(第三話)

~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!♪



ジネンを除いたおいらたち三人は、この間使った清掃業者の作業着に着替えたんだ。

峰子ちゃんのせっかくのフリフリドレスも拝めなくなっちゃったから少し寂しいけど、これも仕事だからね。

峰子ちゃんが言うには、1階と2階は人の出入りが激しいからダメだってことなんだ。

ジネンのやつはいつもより長いシルクハットをかぶってやる気満々だよ。



エレベーターで3階に着くと、まずはジネンが男子トイレに入る。

おいらたちは少し遅れてトイレに到着するって寸法さ。

トイレの中からジネンが両手を腰に当てて2回振ってみせる。「今がチャンスだ」のブロックサインだ。

用意していた「掃除中」の看板を三衛門がトイレの前に置いて準備完了ってわけ。

「オルガ、あんたはここで誰も来ないように見張りしてなさい」

「はい」

おいらを残して三人がトイレに入ったんだ。おいらだけいつも置いてけぼりさ。

チラッと中を覗いたら、ジネンがシルクハットにトイレットペーパーを押し込んでいるのが見えたんだ。

どおりでいつもより長い帽子をかぶってたわけだ。それでも5個はちょっときつかったんじゃないかな。

峰子ちゃんと三衛門が手伝って必死に押し込んでいるよ。



「掃除の時間って今頃でしたっけ?」

突然話しかけてきたのはデパートの制服を着た店員だ。こりゃまずいぞ!

おいら慌ててガニマタを開いて、その四角の中に指でピースサインを作ったんだ。「人が来たぞ!」のブロックサインさ。

「いやあ、実は早くしてくれって頼まれましてね・・・」

店員は不思議そうな顔で中を覗きこんじゃったけど、もうその時にはジネンも隠れてたよ。峰子ちゃんと三衛門はちゃんと掃除してるし。

「ご苦労様です」

店員はそのまま通り過ぎちゃったよ、大成功ってわけ。こりゃあぶちゅうもらえるぞー!

おいらも腰に両手を当てて左右に2回振ったんだ。今が逃げる絶好のチャンスだからね。

それを確認した峰子ちゃんが、両手でオッパイを揺さぶる。「ずらかるわよ!」のブロックサインだ。

トイレから出てきた三衛門が入り口の看板を片付ける。峰子ちゃんもダッシュの体勢だ。



ところが、最後にジネンが出てきたところで、さっきの店員が戻ってきちまったからビックリさ。

「あれえ、中にお客さんいたんですねえ・・・。あっ、お客さん。額に何か付いてますよ!」

なんと、ジネンのシルクハットからトイレットペーパーの端っこがはみ出してたんだ。

手を当ててやっとそれに気づいたジネンは、オドオドしちゃって今にも泣き出しそうな顔してるよ。こりゃあまずい!

「さすが紳士ですなあ、エチケットってやつですよね」

おいら店員に気づかないようにジネンに目配せしたんだ。峰子ちゃんと三衛門はもういない。

ジネンは怪しまれないようにゆっくりとその場を去ってゆく。

「実はたった今清掃業者から電話がありましてね。今日は午後からになるというんですよ・・・」

おっと、またばれちまった。日本人はこまめに連絡するから参っちゃうよ。

「あっ、時間間違えちゃったみたい。時差ボケってやつぅ?」

「えっ??」

「だっておいら、日系ハーフさ~んせ~い!」

あごに手を当ててマンダムポーズを決めてやったのさ。店員もビックリして一歩後ずさっちゃったよ。

相手が油断した隙に、おいらの猛ダッシュが決まったのさ。誰もおいらに追いつけやしない。

おいら、逃げながらご褒美のぶちゅうのことばかり考えてたよ。



*(第四話)に続く
2016/04/18 10:27|日系ハーフ三世TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/111-a0ef1f29

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.