●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

伝説のレスラー・ジャイアントこすぎ

私たち家族は、遠い町のショッピングセンターに足を運んでいた。

もちろん私は運転手として重要な任務を任されていた。しかし、目的地に着いてしまえば用済みだ。

妻と子供がショッピングを楽しんでいるのを横目に見ながら、いつしか一人旅に出る決意をしなくてはならない。

彼女たちが衣料品を見に行くと言ったところで、私は一人旅を余儀なくされた。



ふと通りがかった雑貨店の店先で、私は普段あまり目にしないものを見かけた。




虎
(がおー)


山と詰まれたシューズラックの上に、店番をするかのようにどっしりとかまえている。

これはまさに等身大の大きさだろう。値札もついていないから店の飾りかもしれない。

虎といえば一般に獰猛な動物というイメージがあるが、私にはそうでもない。

すぐに伝説のヒーロー、タイガーマスクを想像してしまうからだ。

タイガーマスクは悪の組織と戦い、ファイトマネーで孤児たちを支援していた。だからいいイメージがあるのだ。

そんなレスラーと実際に会ってみたい。いや、むしろ戦ってみたい。



私の頭の中は、伝説のレスラー・ジャイアントこすぎとなって、四角いリングの中にいた。



今日の相手はちょっと有名なヒーローだ。

しかし、私は今まで数多くの覆面レスラーと対決してきた。

所詮覆面を取ればみなかわいい顔をしているのだ。恐れることなどない。

私は、今は亡きジャイアント馬場師匠からその名をもらったほどの男である。

身長はその名に似合わず150センチそこそこしかないが、気持ちだけはいつもジャイアントだ。

タイガーマスクが覆面でその強さを誇示しようというのなら、私はその名で勝負してやる。さあ、かかってこい!


カーン!!


試合開始のゴングが打ち鳴らされた。


いくらタイガーが強かろうが、体の小さい私に動きでかなうはずがない。


私はたくみにロープを使い縦横無尽に走り続ける。アナウンサーは私の動きを「暴走列車」と叫んだ。


ビシッ!!


タイガーの平手が私の胸にぶち当たる。


もんどりうって倒れた私に、彼の強烈な足蹴りが加えられる。


そして、ロープを使っての彼の得意技であるタイガーツイストだ。つま先が腹にグリグリとめり込む。


「出たぁっ、必殺のタイガーツイスト!!ジャイアントこすぎ、万事休すかーっ?」


アナウンサーの声が一段と高まる。




しかし、私にはそんな攻撃など通用しなかった。


私には苦痛を快楽に変えるという素晴らしい特技があるからだ。


そう、私は生粋のマゾヒスト。痛めつけられるほどに喜びを増してゆく・・・。


もっと蹴ろ、もっと殴れ、私はそれを待っていたのだよ、タイガー!


いつまでも笑みを浮かべる私に業を煮やした彼は、私をつかんで高く持ち上げた。


そして肩に私を乗っけると、そのまま後方へ体ごと崩れ落ちた。


「決まったあ、タイガードロップ!」


アナウンサーも声を張り上げる。会場にも大きな歓声がこだまする。


今までにこんな気持ちのいいことがあっただろうか。痛みは脊髄を通って私の脳に快楽として伝達される。


これは最高の快楽だよ。さすがタイガー、お前になら私の名前をくれてやってもいいぞ。


ああ、あんまり気持ちよすぎて失神してしまいそうだ。





あ・、




カンカンカーン!!


試合終了のゴングの音が、口から吹いた泡のはじける音に感じながら意識は途絶えた。
2016/03/27 10:40|伝説のレスラーTB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/108-a2494166

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.