●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

日系ハーフ三世(オルガ・ススム来日!)パート2

*先日の「日系ハーフ三世 (オルガ・ススム来日!)パート1」の続き


♪~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!


おいらは客のふりをして、赤い看板の店マクド○ルドに入ったんだ。

店内は結構混んでたから、入り口近くでずっとモジモジしてたのさ。

すると、かわいい店員のおねいさんが近寄ってきたぞ・・・。

「お客様、ご注文でしたらあちらのレジでどうぞ」

別に買うつもりはないんだけど、そんなこと言われたら返事しないといけないじゃないか!

「お、おいら日系ハーフさ~んせ~い!」

手をあごに添えてポーズをつけてごまかそうとしたんだけど、彼女変な顔してるよ・・・。

「店長~!!」

あ、やべっ!店長呼んじゃったよ。こりゃまずいなあ・・・。

彼女が店長を呼びに行った隙に、そばにあった紙ナプキンをポケットに詰め込んだのさ。

他の客に見られちゃったけど、もうこれしかないんだよ。

おいら、そのまま走って店を飛び出したんだ。逃げ足だけは誰にも負けない自信はあったから・・・。



「峰子ちゃん、約束は果たしたけど、店長がやってくるかもしれないよ」

「またドジ踏んだわね。早く車に乗りなさい!」

おいらの愛車には、もうすでに峰子ちゃんが運転手として乗ってくれていた。

「さすが峰子ちゃん、準備がいいね」

「何言ってんのよ、あんたがいっつも失敗ばかりするからじゃないの!」

運転する峰子ちゃんの横顔も素敵だ。ちゃんとシートベルトまで締めているよ。

その大きな胸を締め付けるように張っているシートベルト。いっそ、おいらもベルトになっちまいたいもんだ。



「ちょっとオルガァ、あんたさっきからどこ見てんのよ!」

うひゃ、峰子ちゃんは横にも目がついてるのか?おいらの行動などすっかりお見通しだあ。

「ご、ごめんなさい。でも、おいら変なこと考えてるんじゃないからね、ね」

「うそおっしゃい、おでこに『エッチしたい』って書いてあるわよ」

「えっ!!」

慌てて額を手でぬぐうおいらを見て、峰子ちゃんは上品に笑ったのさ。

「おほほほほほー」

「勘弁してよ峰子ちゃん。おいらちゃんと約束果たしたんだからさ。ご褒美、忘れないでおくれよ」

「それは現物をもらってからのお楽しみよ。お・ま・せ・さ・ん!」

ああ、もう我慢できない。

おいらはポケットから戦利品の紙ナプキンを取り出して見せた。

「これ見ておくれ。やっただろう!」

チラリと横に目を向けた彼女は、「ふん」とだけ言って急に車を停めたんだ。

「それで何枚あるか数えてごらんなさい!」

「えーっと、1、2、3・・・」



ビシィッ、バシィッ!!

彼女のビンタがおいらの頬を往復しちまったぁ。

「だからって本当に数えんじゃねえよ。ばーか!」

峰子ちゃんが怒っている。そして指先を外に向けてこう言ったのさ。

「こんなちょっとじゃ一晩でなくなっちまうだろうが!とっとと出て行きなっ!!」




そういうわけで、おいらは一人で歩いて家に帰ることになったってわけ。

だけど峰子ちゃん。キミが乗っていったのはおいらの車だよ。

車だけでも返しておくれよ、峰子ちゅわ~ん!!



(完)
2016/03/22 09:29|日系ハーフ三世TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://psz.blog42.fc2.com/tb.php/107-a187a9ce

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.