●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

ぼくやってまん (7) 競馬の法則発見したまん


ぼくやってまん、競馬G1シリーズやってまん。

やらなきゃいいのにその時期になると競馬のG1の話が持ち上がる。

そんなのとうの昔に卒業したはずなのに、バカなギャンブル魂がむくむくと湧き上がってくる。

どうせ負けるのに、儲けるチャンス到来と錯覚させられる。



それが春からずっと続いているから困ったものだ。

他人の意見を参考にすりゃ外れるし、自分の考えを通しても当たらない。


ああ、もっと素晴らしい予想方法はないものか。


ぼくやってまん、G1レース当てたいまん。


やってきました、ここは東京競馬場。

昔とは違い家族連れや若いカップルなどでにぎわっている。

どうせそいつらは観光やデートに来てるだけ。本気の予想なんて知らないのさ。

競馬に魂を注ぎ込んだ男たちの、生活をかけた勝負を見せてやろうか。



競馬新聞片手に赤鉛筆を右耳に挟み込み、ここで一発やってまん。

先週も先々週も、実は会社の上司からいい馬がいると聞いて馬券を買った。

断然の一番人気にもかかわらず、そいつらは平然と負けやがった。

しかしおれはそこで一つの法則を発見したんだよ。

なんと二週連続で負けた馬の名前には共通する頭文字があったんだ。



だから今週は「フ」で始まる名前の馬を軸に買うことにしたよ。

これだけ続けて負けりゃあ今度こそ来るだろう。しかも相手もその2文字目でいい。

「ファ」と「ラ」の2頭でワンツーフィニッシュで決まりだな。配当も結構つくぞ。うひひひ。

しかしあれだな、「ファ」と「ラ」ってドレミの音階だよな。ってことは・・・。



おいらすごいこと発見しちまったよ。

「ファ」と「ラ」の他に「レ」の馬を発見したんだ。

すげえだろ、この組み合わせなら万馬券だ。

しかもレ・ファ・ラなら「イ長調のカデンツ」じゃねえか。

やったぜベイビー、これでおいら大金持ちさ。億万長者だい。



ところでキミは、レースが終わった競馬場に舞う馬券の意味するところを知ってるかい?

・・・、ああこれでまた来週に「フ」がつく馬は持ちこしになったよ。
2017/05/31 09:00|ぼくやってまんTB:0CM:0

タベグロ (53) 「寿司」という名のラーメン屋さん

さかなまつり岩船

やってきました、年に一度漁港で開催されるさかな祭り。

今年は見たこともない演歌歌手さんも来場してくれておるでございますよ。

昼過ぎに到着した頃には、お目当ての特売鮮魚は全部売り切れ。

発泡スチロールの箱にたっぷり詰め込んでの300円、500円均一だもんな。

残念なじじいは悔しくて指をしゃぶりましたとさ、ああしょっぺえ。

これが海の味ってやつだよ、くんくん。ああ臭え。



昼時なので、漁港の近くにある「玉寿司」という名前のラーメン屋さんへ。

店の名前に「寿司」がつくけど、この店で寿司は出しておりません。

それでも昔から根強いファンがいるほどのラーメン店だけに、客席はほぼ満員の人気ぶり。

昔懐かしいラーメンより、店を新しくしてから増えたメニューにチャレンジしてみることにした。

おいらはあっさり塩ラーメン、ゴマ油が効いてておいしいだよ。

玉寿司塩ラーメン

妻ばばあはカレーラーメン、この店ではカレーラーメンだけ和風と中華の2種類ある。

その違いもわからないが、こちらは中華味のカレーラーメン。

玉寿司カレーラーメン(中華)


お互いに一口いただいて、その味を堪能いたしましたぞ。

スープがとてもおいしく感じられるのが、どっかで味わったような・・・。

そうだ、これはおいしいカップラーメンの味だよ。日清さんのあれだ、あれ。

あ、ごめん。でも悪い意味じゃねえからな。すごくおいしかったよ。
2017/05/29 09:00|タベグロTB:0CM:0

じじいの巣 (111)

こう見えてじじいは甘いもの大好き。

特につぶあんのたっぷり入ったお菓子などを見かけるとついつい買ってしまう。

しかも今日は大好きな「ぶどうパンwithシュガーマーガリン」まで発見しちまったよ。

最強スイーツこらぼ
(オマケのたい焼きもセットで最強コラボ)

おいおい、健康診断が終わったからってちょっと自分にご褒美あげすぎじゃねえか。

このままじゃあ、2年前の体形に逆戻りしてしまう。いや、リバウンドすりゃもっとだろう。

ということでトレーニングのメニューをちょっと厳しくすることにしましたよ。

それと、毎日むさぼり食うくせのついたバターピーナッツもしばらく禁止。

食べ始めると止まんねえから困ったものだ。一袋160グラムを一日で食うんだもんな。



腹周りにつきはじめた脂肪もこれでちょっとは減ってくれるだろう。

そしたら休日には思いきりラーメンを食べれるってわけ。

ラーメンをやめりゃいいじゃねえかって?

そうはいかねえよ、こちとら自称裏ラーメンミシュランだ。

ラーメンとスイーツの食レポしなきゃいけねえからな。がははは。

ま、誰も参考にしないと思うけどな。
2017/05/27 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

タベグロ (52) トロトロとドロドロの勝負


安売りスーパーでお買い物した後は、やっぱり大衆食堂でお食事がお決まりのパターン。

せっかく安い店で食材買っといて、ランチにお金かけてられませんよーっだ。

ということで何度も来ているこのお店にやってきたんだよ。

そうそう、このお店こそスタンプカードで10個貯まるとラーメン一杯無料のお店。



何度も来ているだけあっていろんなメニューを食いつくした気でいたじじい。

そんな自称裏ラーメンミシュランの心を読んでかどうか、新メニューが登場した。

それも一気に3種類、濃厚味噌ラーメンに支那そば、麻婆ラーメンだ。

どれも一度味わってみたかったが、中華のトロトロ好きじじいは麻婆ラーメンをチョイス。

一緒にいた妻ばばあは濃厚味噌ラーメンを注文。お互い一口いただき作戦というわけだ。



混んでいたので時間がかかるかと思っていたら、案外早かったのがおいらの麻婆ラーメン。

製麺屋麻婆ラーメン


まずは上のトロトロ部分をいただくが、四川風のピリッとした山椒が効いている。麺も細麺で麻婆に合っている。

待ってる間に一口食べた妻ばばあも頷いて納得の言葉を発する。

遅れて濃厚味噌ラーメンが到着。

製麺屋濃厚みそラーメン


約束通り一口いただくが、スープが思ったよりも濃厚である。

というかもはやドロドロしているのだ。確かに濃厚を突き詰めればこうなるのだろう。

太麺にドロドロしたスープが絡んでそれはそれでマッチしている。

しかしどうもこのドロドロスープは時間がたつとまずくなる。

温度で粘度が変化しやすく味まで変わってしまうのだろう。

ということで、トロトロとドロドロの勝負はトロトロの勝ち。
2017/05/25 09:00|タベグロTB:0CM:0

じじいの巣 (110)

風呂に入るとき、パンツを脱いでいて気づいたんだが、陰毛の上におできがあるのを発見した。

そう、ぽこちの約10センチほど上にあるピンク色したかわいいやつさ。

この歳になって吹き出物なんてちょっと恥ずかしいだよ。

いったいどういうつもりで飛び出て来たんだろうな。



これがじじいの青春時代なら話は早い。

もう精力が有り余っていたるところからおできとなって噴出してくると説明がつく。

でも、おいらはもうじじいだよ。オットピンだよ、バイアグラだよ。

そんな元気はとうの昔に消え失せちまってる。

だとしたら年寄りの十八番「病気」だな。



こういうピンク色のやつは単品だとそれほど怖くねえ。

これがまとまって出てきたらやばいのよ、毒キノコの模様みたいな感じにな。

今回は一つだけだから大丈夫だと思うけど、どうせなら左右にありゃ面白かった。

おできを目に見立てて、ポコチぞうさんの完成だよ。がはははは。

でも、誰も見てくんねえけどよお。
2017/05/23 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

タベグロ (51) ラーメンの味変えミシュラン


今日もまたじじいはチェーン店の安いラーメン屋に来ましたよ。

裏ラーメンミシュランを自称するバカ舌が、同じ店の同じメニューばかり食ってていいのか。

そんな自問自答を繰り返してはみるものの、どうにも財布がついてこない。

「値段じゃないよ、味で勝負だよ」そんなセリフが頭の中で繰り返される。

じじいの選択肢にはまず価格というフィルターがかけられてしまうこともお忘れなく。

幸楽苑野菜みそ&餃子


さて、いつもと同じ味噌ラーメンと餃子のセットだい。

でも、この店の味噌ラーメンはちょっと工夫するだけでおいしくなるんだ。

ま、こういうところが裏ラーメンミシュランのミシュランたるところなんだろうな。

味噌ラーメンを食べる前に餃子にかける「酢」を丼にまんべんなくかけるのさ。

量は適当だが、少なすぎても多すぎてもいけねえ。

「あ~らよっと」と、頭の中で呪文を唱えるくらいの間「酢」を注入するんだぜ。



もちろん餃子にもまんべんなくかけてくれよな。どうせ無料だし。

ここでお好みでラー油を入れるのもいいかもしれない。

辛いもの好きにはたまらねえアクセントだよ。よかったら真っ赤になるまでかけてやんな。どうせ無料だしよ。

さらに味が濃いのが好きな人は、隠し味のしょう油をかけてやんな。

どうせ貧乏人は味が濃くて安けりゃうまいと感じるからな。しょう油も無料だかんな、がははは。

そうしてたっぷりと無料のエキスたちをぶっかけた味噌ラーメンを箸でぐるぐるかき混ぜておくんなせい。

な、餃子みてえな味に変わっただろ。
2017/05/21 09:00|タベグロTB:0CM:0

じじいの巣 (109)

日勤に変わってから3か月が過ぎ、健康を取り戻したじじい。

でも、風呂上がりの体脂肪計で太ってきたことを毎日実感させられる。

トレーニングも続けているのだが、いかんせん健康な生活をしすぎているんだろうよ。

朝飯をプロテインにしているのもどうかと思うが、くせになった晩酌も確実に影響を及ぼしているだろう。



ということで、トレーニングを週4以上やることに決めたのさ。

身体も少し引き締まってきたと思ったら、5日連続でやる無茶なじじい。

無理をするといつもの片方だけ腰痛が始まる。

家に帰り湿布を貼ってもらうが、痛みが消えるとすぐにまたトレーニング。

するとまた痛みが復活して、その夜にまた湿布。



そんなことを繰り返しながら腰に負担をかけない腹筋トレーニングを次々と編み出すじじい。

こおやって膝を曲げたままの逆腹筋からの・・・、あっ。

この間若い奴らが大勢いた時にかっこつけて、封印していた伸ばし腹筋を披露したんだった。

今回の腰痛はじじいの見栄っ張りから始まったのだった。
2017/05/19 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

ぼくやってまん (6) いっぱい押してまん


ぼくやってまん、スタンプ貯めてまん。

最近はいろんなお店で来店スタンプカードなるものを配っている。

お食事代金に応じてスタンプを押してあげるからまた来て頂戴ということだ。

通っていると知らないうちにスタンプが貯まるからとってもお得。



カードの裏に書かれたマス目が全部スタンプで埋まると、なんとお店で金券500円として使えるからすごいじゃないか。

でも、もう今月はお金がないしなあ・・・。

ああ、早くこのスタンプカードを満タンにしたい。


ぼくやってまん、スタンプ押したいまん。



やってきました、ここはとある港近くの倉庫。

薄暗い灯りの中で数人が机に座って作業している。どうやらここは深夜の秘密工場らしい。

時々会話する言葉には日本語以外のものも混じっているようだ。

一つだけ空いている席に座って、机の上に用意された白い消しゴムを左手に持ち、右手には彫刻刀を握る。



彫刻刀を右手に握り、ここで一発やってまん。

間違えて手を切らないよう注意しながら消しゴムの面に文字を刻んでゆく。

そう、これは自分が通う店の偽造スタンプだよ。

一度こしらえてしまえばこっちのもの、500円の金券がいくらでも作れるわけだ。

カードなら隣の中国人らしき人がたくさん印刷してこっちへ渡してくれるよ。



よおし、できたぞ。

完成した偽造消しゴムスタンプをカードに押し付けたのさ。

店と同じ赤い色のスタンプが次々とマス目の中に押されてゆく。

でも、なんかおかしいぞ・・・。

あれれ、文字が逆だったまん。
2017/05/17 09:00|ぼくやってまんTB:0CM:0

じじいの巣 (108)

ここ数年スキンヘッドを手入れしてきたじじい。

髪の毛を剃るためのアイテムもいろいろ変化してきた。

最初に使ったのが電気シェーバー。風呂でも使えるという優れものだ。

しかし風呂で使える充電式電気シェーバーも、購入からわずか一年で失ってしまった。

普通の髭剃りに比べて一日の使用頻度が何倍にもなるから壊れる可能性も高くなるわけだ。



その後で以前使っていたテレビでおなじみのT字剃刀の4枚刃に変更した。

そんなある日、とあるホームセンターで「特許出願中」の6枚刃T字剃刀を見つけたのだ。

使い捨て方式で値段も安かったので買ってみると、すごい切れ味に驚く。

それでしばらく使っていたのだが3か月も使用するとそろそろ切れ味が悪くなってくる。

そこで、新しいものに交換して剃り始めたんだ。



おっとびっくり、あまりの切れ味のよさに頭の皮まで剃れてしまったよ。

指で触ると血が噴き出しているのがわかる。頭の出血はなかなかのものだ。

剃刀を見てみるとその刃の隙間に、ピーラーで皮をむいたジャガイモの皮のように頭皮がきれいに丸まっている。

ああ恐ろしい、流れ出す血液に風呂に入ることさえままならない。

タオルとティッシュを何度も使ってなんとか風呂から脱出したじじい。

次の日からスキンヘッドの後頭部右側には、特大サイズの絆創膏が貼られた。

つげ義春の「ねじ式」みたいになっちまったよ。
2017/05/15 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

トイレにいた男

こんな夢を見た・・・。



職場のトイレで、後輩と一緒になる。

笑い話をしながら小便をしていたら、少し引っ掛けてしまった。

私のズボンだけならいいのだが、隣の後輩のズボンにまでかかってしまったのだ。

「いやあ、わりい」

私はすぐにあやまった。しかし、後輩はとても不機嫌な顔をしている。

しかも私の顔を見ながら、舌打ちをして見せたのだ。

さすがの私もこれにはむかついた。

ズボンのチャックを閉めるのも忘れて、後輩の胸ぐらをつかんだ。小便の着いた手で・・・。

「汚いからやめてくれ」

後輩の言葉に、私はキレてしまった。自分の小便を侮辱されたのがよほど悔しかったのだろう。



私は思いっきり後輩を殴った・・・。



しかし、彼はまるでプロボクサーのように私のパンチをスルリとかわす。



もう一発。・・・またかわされる。



この動作が何回も繰り返された後、今度は後輩の反撃だ。



ところが、彼の繰り出すパンチがなぜか全てスローモーション。全て簡単にかわせるのだ。

私たちは無駄な労力を使い果たした。





ギィー。


突然、大便の便所の扉が開く。誰か入っていたのだ。



なんと、中から出てきたのはニコラス刑事だった。

「あー、食った食った」

ニコラス刑事は爪楊枝を口にくわえながら、手も洗わずにトイレを出て行った。

いったい便所で何を食べていたというのだろう。

私たちは今ニコラス刑事が出てきたばかりの便所を覗き込む。



便器は嘔吐物で汚れていた。床一面に吐き散らかしている。

見るのもいやなほどの汚さである。

ニコラス刑事は、いったい何をしていたのか・・・。



すると、突然後輩が頭を下げて謝りだす。

「私が悪かったんです。すみませんでした」

彼は涙を流しているではないか。私は彼の肩を抱き慰める。

「いいんだよ、もう」

いつしか私の目にも涙が浮かんでくる。

ニコラス刑事のトイレから見れば、私の小便などきれいなものだというのだろうか。

私たちは小便まみれのまま抱き合って泣いていた。
2017/05/13 09:00|夢の続きTB:0CM:0

ニコラス刑事・靴下を笑う



会社の帰りに靴を履き替えていた時、私を見たニコラス刑事が言った。

「あっ、お前靴下に穴が開いてるぞ。恥ずかしいなあ」

「あんただって、この前開いてたでしょ」

そうだ、この間もニコラス刑事は自慢するように言っていたのだ。

「右足の親指の部分だけ、なぜか穴が開くんだよ!」


そして右足を見せるのだった。

「ほら、匂いも嗅いでみろ!」

私の顔に近づけられたその穴は、親指がすっぽり入るほどの大きさだった。

いったいどれくらい履いていたんだろう。おそらく穴が開いてからもしばらく履いていたと思われる。


彼が靴を履き替える様子を伺った。

すると、右足の親指には穴が開いてなかった。しかし・・・、





左足の小指に穴が開いていた!

それはまさにこの間彼が見せた右足の親指部分に相当するものだった。

穴が開いた親指部分を、左足に履き替えてごまかそうとしているのだ。

そういえば、彼はいつも紺色の靴下しか履いてこない。

きっと穴が開いた部分をローテーションで回しているのだろう。裏返しも入れれば4回使える。

きっと彼の家のタンスには紺色の穴の開いた靴下がたくさん眠っているのだ。

それを毎日組み合わせを考えながら履いて来ているに違いない。



ニコラス刑事の靴下の話で思い出した。

以前休憩時間にスネ毛の話をしていたことがあった。

後輩の一人が実に毛深いという話で盛り上がっていたのだ。



「おれは自慢じゃないけど、スネはきれいだぞ」


そう言って、両足のズボンをまくって見せてくれたのだ。

その足のスネ毛よりも目立っていたのは、紺色の靴下だった。





右と左で長さが違っていたからだ!!

それも同じ紺色の靴下。左右で10センチは違っていた。。

全員が大爆笑する中、彼は慌ててズボンを戻しながら舌打ちした。

彼のタンスの中を想像するとまたおかしさがこみ上げてくるのだった。

2017/05/11 09:00|ニコラス刑事TB:0CM:0

合体ロボジンガー・スピードアップ!


その日は家族そろって晩御飯を食べていた。

私を除くみんなが大好きな焼肉パーティーだ。

ホットプレートの上に野菜と肉が所狭しとひしめき合っている。

じゅうじゅうという音とともに煙が上がる。それぞれの箸が短い間隔で往復する。

「その辺焼けてるんじゃない!」

妻の指令に子供が肉をひっくり返しては「まだ!」といって、隣の肉をつつく。

みんなが肉に意識を集中する中で、私だけこっそりと野菜をいただく。

私にとってのメインは、このあとの焼きそばだった。



肉がほとんど片付いた頃、焼きそばが投入された。ホットプレートの音と煙はいっそうにぎやかになる。

これからは私の出番だ。麺をほぐすために少量の水をかけ、炒める、炒める。

その時、暇をもてあましていた子供が、何かを発見した。

「あっ、ゴキブリだ!」

ここしばらく見てないが、やはりやつはどこかに隠れていたのだ。



カチッ!

私の頭の中で何かのスイッチが入った。



「怪獣ゴキブリャー、待っていろ!」


がったーい。ロボジンガー!!



~てー、てけてけて、てけてけて♪


ロボジンガー1号、出動。


捕獲用のティッシュが空飛ぶじゅうたんのようにひらひらと飛んでくる。・・・装着!


ロボジンガー2号、出動。



100円ショップで買った高級スリッパがきちんと並ぶ。・・・装着!


ロボジンガー3号、出動。



カラーボックスに収納された古新聞が丸まってゆく。最初を小さく折りたたむのがポイントだ。

全てまき終えるとそれは一本の武器となった。「ロボット・剣」だ。・・・装着!


「ロボジンガー、見参!」



どうやら今回の敵はすばしっこいようだ。

このままでは逃げられてしまうに違いない。よし、あれでいこう!




「スピード・アーップ!」


操作パネルの右側に位置する大き目のレバー、その先端に付けられた丸い玉をつかむ。

レバーの横には「L」と「H」の表示がある。上が低速、レバーをしたに下げれば高速モードだ。

レバーを一気に下に下げる!




ガギギギギッ。



ギヤが入らない。・・・クラッチを踏むのを忘れていた。


最近の車はみんなオートマチックになっているから、つい忘れてしまう。


ん、しかし足が届かないぞ!


シートベルトのせいで身体が前に出ない。私は頭を後ろへやりながらするりと腰を前に出す。


よし、届いたぞ。クラッチ・オン!





すると今度はレバーが届かない!


シートベルトを外してクラッチとレバーを操作する。「ギヤ・チェインッジ!」


「高速ロボジンガー・パワーアップ!」


いつもよりも動きがスムーズだ。よし、今こそゴキジャラーを倒してやる!





パン!!


妻のスリッパがゴキジャラーを退治した。


「それ、ティッシュで片付けといて!」


スピードアップした動作で床はきれいに掃除された。


「に、任務完了!」



ありがとうロボジンガー。人類の平和を守ってくれてありがとう。


いつもよりすばやい動きで自分の席に戻ったのだが、楽しみしていた焼きそばは残りわずかになっていた。

2017/05/09 09:00|合体ロボジンガーTB:0CM:0

じじいの巣 (107)

健康診断が終わっても、じじいのトレーニングに終わりはない。

仕事終わりにいつものようにランニングをやってからのトレーニングルームへ。

ランニングの後のストレッチを終えた時点でなんとなく半分終わった感じがするが、平日の夜はここからが神経の使うところ。

自分の使いたい器具が使われている確率が高いと、しばらく待たないといけないから自分のペースが崩されるんだ。



幸い今日は他に一人だけだからめったにダブることはない。

ワンサイクル終わったところで椅子に座って休んでいたら、また別の客が入ってきたよ。

しかも普段見かけたことのないお姉さんだ。こりゃうれしいじゃないか、ラッキー池田。

いや、そのすぐ後に男が続けて入ってきた。そのお姉さんとなにやら話している。

なんとカップルで筋トレだ。まあ、二人で共通の趣味があっていいんじゃねえか。



でもよお、さっきから二人でぺちゃくちゃうるせえんだよ。

二人で頭くっつけてスマホ見ながら笑ってやがる。

おいらのこのブログ見てんなら許しやるが、100%それはないだろう。

だから腹筋台ごしに起き上がるたびに呪いをかけてやるよ。

エロエロエッサイム、お姉さん別れちまえ。

エロエロエッサイム、お姉さんのジャージ透けてしまえ。
2017/05/07 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

タベグロ (50) ご褒美プリン1kg

健康診断も最後のバリウム排出を確認できたことで安心するじじい。

しばらくの間食べたいものを我慢してきたご褒美に、プリンをごちそうしてやろうと心に決めていたのだ。

職場の若い奴がスタバ通いしてカスタードプリンを食べているのは聞いていた。

1個300円出してもまた食べたくなるおいしさだという。

健康診断がなければ遠出してでも山ほど食ってやりたいところだった。



しかし1個300円のカスタードプリンとは、いかがな味がするのか。

スーパーで3個98円パックのプッチンもどきしか食べたことのない貧乏じじいには到底想像できるはずもない。

ぷっちんとスタバではどのように味が違うのかと聞いてみたら、そもそも作り方から違うというのだ。

どうやらスタバのプリンはカスタードプリンという高級品らしい。



その頃、激安スーパーで買い物をしているときに、3個パックではない「カスタードプリン」と名のついたものを発見した。

牛乳パックプリン

しかもなんと1個1キロの牛乳パック入りだ。

冷蔵庫で十分に冷やした後で、いざプリンとの対面。

牛乳パックプリンの中身

いやあ、長い長い。パックを引きずるがどこまでもプリンがつながっている。

飛び出した長方形のプリン体に、カステラより少し太い幅になるよう包丁を入れる。

さっそくプルンとしたやつにそのまま唇をつけてすする。じゅるるるーっ。



そのままだとなんか物足りない。やはりプリンには例の黒いシロップが必要だ。

そう思ったが吉日、じじいはさっそく自作する。

グラニュー糖に砂糖を混ぜて鍋で焼いて・・・。

牛乳パックプリン自作シロップ添付

はい、これでおいしくなりましたのことよ。おほほほ。

でも、鍋を焦がしてしまって妻ばばあに怒られるのであった。
2017/05/05 09:00|タベグロTB:0CM:0

じじいの巣 (106)

今年も春の健康診断がやってきたぜ。

この日のために大好きなラーメンを我慢してに、仙人みたいな生活をしてきたのさ。

そのストレスでバターピーナッツを毎日一袋食べてましたけどよお。

食事制限もストレスになったら健康にいいんだかどうかわかったもんじゃねえよ。



今年は金曜日ということもあってか、会場は大混雑の様相を呈していた。

バリウム地獄を乗り越えたと思ったら、なぜか眼底検査の前で大渋滞。

どうやら担当者が書類を間違えたらしく、確認や書類探しで待っている人の数がどんどん増えてゆく。

ようやく動き出したあとの順番は血液検査だ。

今年は若いお姉さんが注射してくれる。「ちょっと痛いですよ」



その瞬間、彼女が突然胸をおいらの手に押し付けてきたんだ。

ああ柔らかい、ブラジャーの網目までしっかりと感じることができたよ。

断っておくが、決しておれが手を伸ばしたんじゃねえぞ。

そこらのスケベじじいと一緒にしないでくれよな。



でもよお、普通血液を採取する時って手をぎゅうっと握るもんだろ。

お姉さんは一言もそんなこと言わなかったんだよ。

言われないこと勝手にやっちゃあいけないよな、な。

だからお姉さんのおっぱいが迫ってきたその時、偶然にも手のひらが開いていたってわけさ。
2017/05/03 09:00|じじいの巣TB:0CM:0

タベグロ (49) ピンク色でバリカタで


先日東京に行ったときに立ち寄ったラーメン屋。

つい一か月前まではカレー屋さんだった店が、いつの間にかとんこつラーメンの専門店に。

店の前には花輪まで飾られているからまだオープンして間もないのだろう。

車を停めた駐車場までの通り道なので、通るたびに寄らなくてはいけない使命にかられる。

だっておいら、こう見えても自称裏ラーメンミシュランだからな。



店に入ってメニューを見ると、とんこつがメインだが味噌ラーメンやしょう油とんこつラーメンもある。

今どきのラーメン屋はメニューの多さも繁盛のポイントなのか。

別にとんこつラーメンが好きなわけではないが、この店のメインだけに注文してみる。

中村北とんこつラーメン


うーん、とんこつ独特のいい香りだ。以前のカレー屋の匂いは微塵もない。

とんこつラーメンならではの自分で勝手にトッピングの辛子高菜と紅ショウガ。

ごまをふりかけた後に、更にたっぷりと高菜とショウガを追加してござる。

さすが貧乏じじい、無料のものはとことんいただくのがポリシー。

スープの色も白からピンクに変わってきたよ。



ここで、後から入ってきた他の客から注文する声が聞こえる。

「とんこつ、バリカタで」

もう一人の客もやはりバリカタを注文。

どうやらとんこつラーメンは基本バリカタでいただくのが通の流儀らしい。

ああ、恥ずかしい。これでは裏ラーメンミシュランの名が泣きますぞ。

食べ始めたピンク色のラーメンも辛子高菜が効きすぎて涙が出るよ。
2017/05/01 09:00|タベグロTB:0CM:0

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.