●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

伝説のレスラー・ジャイアントこすぎ

私たち家族は、遠い町のショッピングセンターに足を運んでいた。

もちろん私は運転手として重要な任務を任されていた。しかし、目的地に着いてしまえば用済みだ。

妻と子供がショッピングを楽しんでいるのを横目に見ながら、いつしか一人旅に出る決意をしなくてはならない。

彼女たちが衣料品を見に行くと言ったところで、私は一人旅を余儀なくされた。



ふと通りがかった雑貨店の店先で、私は普段あまり目にしないものを見かけた。




虎
(がおー)


山と詰まれたシューズラックの上に、店番をするかのようにどっしりとかまえている。

これはまさに等身大の大きさだろう。値札もついていないから店の飾りかもしれない。

虎といえば一般に獰猛な動物というイメージがあるが、私にはそうでもない。

すぐに伝説のヒーロー、タイガーマスクを想像してしまうからだ。

タイガーマスクは悪の組織と戦い、ファイトマネーで孤児たちを支援していた。だからいいイメージがあるのだ。

そんなレスラーと実際に会ってみたい。いや、むしろ戦ってみたい。



私の頭の中は、伝説のレスラー・ジャイアントこすぎとなって、四角いリングの中にいた。



今日の相手はちょっと有名なヒーローだ。

しかし、私は今まで数多くの覆面レスラーと対決してきた。

所詮覆面を取ればみなかわいい顔をしているのだ。恐れることなどない。

私は、今は亡きジャイアント馬場師匠からその名をもらったほどの男である。

身長はその名に似合わず150センチそこそこしかないが、気持ちだけはいつもジャイアントだ。

タイガーマスクが覆面でその強さを誇示しようというのなら、私はその名で勝負してやる。さあ、かかってこい!


カーン!!


試合開始のゴングが打ち鳴らされた。


いくらタイガーが強かろうが、体の小さい私に動きでかなうはずがない。


私はたくみにロープを使い縦横無尽に走り続ける。アナウンサーは私の動きを「暴走列車」と叫んだ。


ビシッ!!


タイガーの平手が私の胸にぶち当たる。


もんどりうって倒れた私に、彼の強烈な足蹴りが加えられる。


そして、ロープを使っての彼の得意技であるタイガーツイストだ。つま先が腹にグリグリとめり込む。


「出たぁっ、必殺のタイガーツイスト!!ジャイアントこすぎ、万事休すかーっ?」


アナウンサーの声が一段と高まる。




しかし、私にはそんな攻撃など通用しなかった。


私には苦痛を快楽に変えるという素晴らしい特技があるからだ。


そう、私は生粋のマゾヒスト。痛めつけられるほどに喜びを増してゆく・・・。


もっと蹴ろ、もっと殴れ、私はそれを待っていたのだよ、タイガー!


いつまでも笑みを浮かべる私に業を煮やした彼は、私をつかんで高く持ち上げた。


そして肩に私を乗っけると、そのまま後方へ体ごと崩れ落ちた。


「決まったあ、タイガードロップ!」


アナウンサーも声を張り上げる。会場にも大きな歓声がこだまする。


今までにこんな気持ちのいいことがあっただろうか。痛みは脊髄を通って私の脳に快楽として伝達される。


これは最高の快楽だよ。さすがタイガー、お前になら私の名前をくれてやってもいいぞ。


ああ、あんまり気持ちよすぎて失神してしまいそうだ。





あ・、




カンカンカーン!!


試合終了のゴングの音が、口から吹いた泡のはじける音に感じながら意識は途絶えた。
2016/03/27 10:40|伝説のレスラーTB:0CM:0

日系ハーフ三世(オルガ・ススム来日!)パート2

*先日の「日系ハーフ三世 (オルガ・ススム来日!)パート1」の続き


♪~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!


おいらは客のふりをして、赤い看板の店マクド○ルドに入ったんだ。

店内は結構混んでたから、入り口近くでずっとモジモジしてたのさ。

すると、かわいい店員のおねいさんが近寄ってきたぞ・・・。

「お客様、ご注文でしたらあちらのレジでどうぞ」

別に買うつもりはないんだけど、そんなこと言われたら返事しないといけないじゃないか!

「お、おいら日系ハーフさ~んせ~い!」

手をあごに添えてポーズをつけてごまかそうとしたんだけど、彼女変な顔してるよ・・・。

「店長~!!」

あ、やべっ!店長呼んじゃったよ。こりゃまずいなあ・・・。

彼女が店長を呼びに行った隙に、そばにあった紙ナプキンをポケットに詰め込んだのさ。

他の客に見られちゃったけど、もうこれしかないんだよ。

おいら、そのまま走って店を飛び出したんだ。逃げ足だけは誰にも負けない自信はあったから・・・。



「峰子ちゃん、約束は果たしたけど、店長がやってくるかもしれないよ」

「またドジ踏んだわね。早く車に乗りなさい!」

おいらの愛車には、もうすでに峰子ちゃんが運転手として乗ってくれていた。

「さすが峰子ちゃん、準備がいいね」

「何言ってんのよ、あんたがいっつも失敗ばかりするからじゃないの!」

運転する峰子ちゃんの横顔も素敵だ。ちゃんとシートベルトまで締めているよ。

その大きな胸を締め付けるように張っているシートベルト。いっそ、おいらもベルトになっちまいたいもんだ。



「ちょっとオルガァ、あんたさっきからどこ見てんのよ!」

うひゃ、峰子ちゃんは横にも目がついてるのか?おいらの行動などすっかりお見通しだあ。

「ご、ごめんなさい。でも、おいら変なこと考えてるんじゃないからね、ね」

「うそおっしゃい、おでこに『エッチしたい』って書いてあるわよ」

「えっ!!」

慌てて額を手でぬぐうおいらを見て、峰子ちゃんは上品に笑ったのさ。

「おほほほほほー」

「勘弁してよ峰子ちゃん。おいらちゃんと約束果たしたんだからさ。ご褒美、忘れないでおくれよ」

「それは現物をもらってからのお楽しみよ。お・ま・せ・さ・ん!」

ああ、もう我慢できない。

おいらはポケットから戦利品の紙ナプキンを取り出して見せた。

「これ見ておくれ。やっただろう!」

チラリと横に目を向けた彼女は、「ふん」とだけ言って急に車を停めたんだ。

「それで何枚あるか数えてごらんなさい!」

「えーっと、1、2、3・・・」



ビシィッ、バシィッ!!

彼女のビンタがおいらの頬を往復しちまったぁ。

「だからって本当に数えんじゃねえよ。ばーか!」

峰子ちゃんが怒っている。そして指先を外に向けてこう言ったのさ。

「こんなちょっとじゃ一晩でなくなっちまうだろうが!とっとと出て行きなっ!!」




そういうわけで、おいらは一人で歩いて家に帰ることになったってわけ。

だけど峰子ちゃん。キミが乗っていったのはおいらの車だよ。

車だけでも返しておくれよ、峰子ちゅわ~ん!!



(完)
2016/03/22 09:29|日系ハーフ三世TB:0CM:0

日系ハーフ三世(オルガ・ススム来日!)パート1

♪~チャラッ、チャラッ、ニッケイハ~~フ!

♪~テッテレテ、テーレレ~・・・


おいらアルゼンチン生まれの日系ハーフ三世、オルガ・ススム。みんなには「オルガ三世」って呼ばれてる。

仕事の相棒であり憧れの的である美しい女性、峰子ちゃんとともに世界中を旅しているのさ。

仕事に関してはここじゃ明かせない。何せおいらは国際指名手配までされちゃっているんだから。

それでも警察には一度もつかまったことはないんだ。逃げ足だけは天下一品の腕前だからね。

今は日本で暮らしているんだけど、これには大きな理由があるんだ。

人口密度の高い国ほど見つかりにくいって法則があるからさ。昔からよく言うだろう。

人を隠すなら人混みに、って・・・。



さっき峰子ちゃんからメールがあったばかりなんだ。

今日は赤い看板のマクド○ルドで待ち合わせだっていうから、なんか期待しちゃうよね。

「オルガ~、一緒にハンバーガーでも食べましょ!」なんて具合に・・・。

おっ、やっと駐車場に到着したぞ。峰子ちゃんは入り口付近で待ってるじゃないか。



「峰子ちゅわぁ~ん。今日はどうしたんだい?」

「遅いわよ、オルガ!!いったい私を何分待たせる気?」

どうやら峰子ちゃんはご機嫌ナナメのようだ。

「私が連絡したら1分以内に来なきゃダメじゃないの。寒くて風邪ひいたらどうすんのよ!」

「ごめんよ峰子ちゃん。おいら、これでも急いで来たんだよ。パジャマだったから着替えたってわけ」

「パジャマでいいからすぐに来なさいっ!」

「はい、今度からそうしますぅ・・・」

峰子ちゃんの言うことには逆らえない。惚れた弱みってとこかな。

おとなしく言うことを聞いてれば、ご褒美のぶちゅうだってもらえるかもしれないんだ。

そして、いつか彼女とベッドインできることを夢見ているのさ。



「じゃ、今日の指令よ!」

「えっ、今日も仕事なのかい?」

「当たり前じゃないの、オルガ。それ以外にあなたに何の用事があるっていうの?」

「だってこの前の仕事のご褒美まだでしょ。だから今日はデートかなあ、なんて・・・」

「それは今日の仕事がうまくいってからよ。いいわね」

峰子ちゃんの唇が艶のあるピンク色に輝いている。ああ、きっとおいらにぶちゅうするために・・・。

「がってんだ、峰子ちゃん。キミのためなら何でもするよ!」

おいらがそういうと、峰子ちゃんは大きく膨らんだ胸元から一枚の紙切れを差し出したんだ。

彼女の胸は巨乳なんだ。いつもその割れ目ちゃんをパックリ開けた衣装を身にまとっている。

でも、そこばっかり見ていると、また怒られちゃうからね。



「えっ、紙ナプキン?」

その手紙には「紙ナプキンを手に入れろ!」とだけ書いてあった。

「そうよ、家のてっしゅがなくなっちゃたの。だからこの店からいただいてきてちょうだい」

「峰子ちゃん、ついでに何か買ってこようか?」

「あんた、馬鹿じゃないの!そんなお金を使うくらいならてっしゅ買ってるわよ!」

峰子ちゃんに思い切り頬ビンタされちゃった。痛いけどちょっとうれしかったりする。

「わ、わかったよ。そのかわり、今日こそご褒美待ってるよ」

「当然でしょ。期待してていいわよ。たーっぷりサービスしちゃうんだからあ!」

その白く細長い手の平でおいらに投げキッスしてくれたんだ。こりゃあ、がんばらないと!

店の入り口の前で、もらったメモを見るふりをしてこっそり匂いを嗅いだんだ。

だってこれ、峰子ちゃんのオッパイに挟まってたんだぜ。

うーん、でも紙の匂いしかしないよ。




*続く
2016/03/17 09:25|日系ハーフ三世TB:0CM:0

じじいの巣(55)

おいらのいつものトレーニング施設、体育館の2階周囲のランニングエリア。

そこにまた、ランニングしながら唄うじじいが現れた。一度だけかと思ったが、やはり彼も常連だったようだ。

通りすがりながら聞こえてくるのは「フフフーン♬」というメロディーのみ。

どうやら今日は口ずさんでいるだけのようだ。

でも、しばらくすると「まぼろしの~♪」という声に変わる。



彼はいったい何の曲を唄っているのだろうか?

先日、初めて彼の存在に気付いてからというもの、その度胸とアイデアにリスペクトせざるを得ない状況に陥ってしまっていたからである。

さっそく、彼の後をゆっくりと歩きながら尾行しつつ追跡調査してみることにした・・・。

ところが彼は、おいらの気配を察知したのか一向に唄おうとしない。



やはりその辺は気を使っているようだ。唄うじじいにも恥じらいの気持ちはまだ残っているということは、

あきらめてスピードをゆるめると、またなにやら「フフフーン♬」とメロディーから唄に変わる。

そして、口笛まで鳴らしてそのメロディーを完成させようとしているではないか。

間奏部分のサビを口笛で表現するとは、唄うじじい、やはりあんたは偉大だったよ。

あんたこそ「人間カラオケ」そのものだ!

でもまだその曲が何なのかはわからない。いつかまた追跡調査を重ねて明らかにしてみせるぞ。

いつか一緒に唄いてえもんだな。「演歌チャンチャカチャン」をよお。
2016/03/06 10:48|じじいの巣TB:0CM:0

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.