●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

パトラッシュ・カミンバック!!

こんな夢を見た



私が仕事をしていると、上司がやってきてこう言った。

「すまんが転勤してくれないか」

最近仕事量が減ってきていることは私も知っていた。

しかし、まさか私に声がかかるとは思ってもいなかった。

「行き先はどこですか?」

「それが・・・、北海道なんだよ」

いくらなんでもそれは遠すぎるではないか。私は単身赴任となってしまう。

断ろうと思ったが、私に選択の余地はないようだ。



「これは餞別代りだが・・・」

そう言って上司が渡してくれたものは大きな犬だった。

マンガのパトラッシュぐらいあるだろうか、連れて歩けるようなタイプではない。

「私はペットなんて飼えませんよ。第一大きすぎます」

困惑した私に上司は笑いながら答えた。

「向こうは寒いから、抱いて寝るんだよ」


現地に到着した私を待っていたのは、非常に古い掘っ立て小屋だった。

漁師が海辺で網をつくろうために用意された、雨風だけしのげればいいような感じのもだ。

取り付けられた扉も風化して灰色になっている。

中に入って見ると、窓もないことに気づく。

「窓があるとすきま風が入るからないほうがいいんだ」

現地の案内人はニヤついている。

「これから町内の会合があるから来てくださいね」

私はそのまま会場である場所まで連れていかれた。



そこは剣道をするための道場のようだった。さすがに床は磨かれてピカピカだ。

私を含めた5,6人の中から三役を決めてくれというのだ。

まだ来たばかりなのに、三役なんてとんでもない。私はそうならないよう心の中で祈った。

選ばれたのは、私の会社の同僚だった。彼も転勤させられていたのだ。

彼には悪いが、自分がならなくてよかったと一安心した。

「大変だけどがんばれよ」

同僚は、声をかけた私のほうを見ただけで返事はしなかった。



やっとのことで自分の住む小屋に到着した。

わずかばかりの畳のスペースは、布団を敷けばそれでおしまいだった。

奥のほうに小さいガスボンベとコンロがあった。

まずはお茶でも飲んで落ち着こう。そう思ってコンロに火をつけた。

そのとたんに強烈な風が吹いて、入り口の扉が音をたててめくれ上がった。

猛吹雪が小屋の中に吹き込んでくる。

「ああ、ダメだダメだ。ほら、早くコンロを消さないと!」

私が身をかがめて必死に耐えているところへやってきたのは、現地の案内人だった。

「ほら、すぐに火が消えるんだから・・・」

そう言って、コンロのつまみを元へ戻した。

「これでガス中毒になって死んだやつもいるんだから・・・」

それだけ言って男は出て行った。私は命の恩人にでもあったかのように何度も頭を下げている。



まだすきま風は吹き込んでくる。

こんな寒いところで果たして寝られるのだろうか。

私は上司から贈られた犬のことを思い出した。

愛犬パトラッシュはどこへ逃げたのか、その姿は見えなかった。

私は布団にくるまって寒さをしのいでいた。犬が無性に恋しかった。
2016/11/14 09:00|夢の続きTB:0CM:0

もんじゃらあ


・・・こんな夢を見た



丸顔の後輩が、私のところへCDを返しにやってきた。

そのCDは、私がこよなく愛するバンドのものであったが、他人に貸したこともすっかり忘れていたようだ。

かなり古いものであったが、私にとっての名盤である。

懐かしさがこみ上げてきて、うれしくなって後輩に感想を尋ねてみた。

「いやあ、おれにはちょっと馴染めませんねえ・・・」

後輩は頭をかきながら答える。私の名盤を侮辱するような答えだ。

「これが馴染めないというのなら、一体お前はどんな曲がいいというんだ!」

怒り気味になった私に、上から目線で後輩は答える。

「実はおれ、バンド組んでるんですよ。『ぷざん』って知ってます?」

「名前は聞いたことはあるが、知らないなあ」

彼は一枚の写真を私に見せる。

それは有名なテレビのアナウンサーだった。イケメンで知られている男だ。

「もこぬきさんがボーカルやってるんですよ」

こんな有名人と一緒ならさぞかし売れているに違いない。

しかし、まじめな仕事人間である彼が、バンドとは想像もできなかった。




いつしか私はそのバンドのライブ会場を訪れていた。

ボーカルのもこぬきのイケメンぶりが際立っていた。今流行のビジュアル系だろうか?

みんなかっこいいスーツを身にまとい、派手な振り付けをこなしている。

音楽はおしゃれなものから、突然激しいものに変った。

観客が総立ちとなり大歓声が上がる。

もこぬきがネクタイを外して観客に投げつける。

激しい奪い合いの後で、何人か倒れてしまったようだ。警備員が集まってきた。

もこぬきはスーツも脱ぎ捨て、白いシャツまで自ら破って捨てる。かなりエキサイトしているようだ。





「もんじゃらあー!!」


彼の歌声に最前列にいた女性が失神する。また警備員の登場だ。


間奏に入り、もこぬきは上半身裸のままステージを右に左に駆け巡る。


両手を腰の辺りに外に向けてくっつけて、ちょこちょこ歩き回っている。まるでペンギンが綱渡りをしているような奇妙なダンスだ。


音楽が最高潮に盛り上がってきたところで、彼は左の乳首を両手の親指と人差し指で力強くつまんだ。


「うんじゃらあー!!」


彼の興奮する吐息がマイクから大音量で会場に流れる。


「はあ、はあ、はあ・・・」


客席の女性たちの声援は悲鳴のようなものに変わり、かなりの人数が失神した。


激しいドラムの連打が続いて演奏が終了する。


「でんじゃらあ・・・」


チーン!


ドラムの後ろから丸顔の後輩が出てきて、直立不動の体勢でトライアングルを鳴らした。

2016/11/26 09:00|夢の続きTB:0CM:0

タソガレ・ラブ


こんな夢を見た・・・



お昼休みに小さな売店にパンを買いに行った。

列を作って並んでいたのだが、私の後ろにいつの間にかものすごい行列が出来ていることに気づく。

聞くと、今日はジョン・ボンジョビッチというバンドの新しいCDの発売日らしい。店にも張り紙がされている。


「あやしいやつ」「やさしいやつ」二枚同時発売!!

数量限定につき、売り切れ御免!!


こんな行列を作るほど素晴らしいものなのか、数量限定ならせっかく並んでいるのだから買わない手はない。

私はパンを買うのも忘れて、このCD二枚とDVDまで買ってしまう。

財布の中身は一万五千円しか入ってない。しかも妻から買い物用に預かったお金だ。

でも、こんなに貴重なアルバムだから買っておいて損はないだろう。

私は財布をはたいてそのすべてを購入する。もちろんパンを買うお金もない。



その後手に入れたCDを聞くために、なぜか河原まで出かけてゆく。

石ころの上に布団を敷いて、その上に寝っころがる。

上空には機械の部品のように角のとがったツバメが飛び回っている。かなりの群れだ。

気づくと近くで上の娘が石投げをして遊んでいるではないか。

「えなりかずきですぅー」

口を尖らせて物真似をしてみせるが、彼女は振り向こうともしない。

「ですぅー・・・」

完全に無視だ。

頭にきた私は「帰るぞ!」といい、布団を片付けようとする。しかし、そこにはおびただしい量のツバメの糞が・・・。

それを手で払い、折りたたんで運んでいる時にもう一人の下の娘の声が聞こえてきた。

「お父さん、待ってえ」

見ると彼女は川から上がってきている。下半身はずぶ濡れだ。

彼女は私を追いかけて歩いてくる途中で靴が脱げてしまったらしく、大声で泣き出した。

水溜りで砂利のついた足を洗ってやっていると、面白がって足を跳ね上げて私に水をかけてくる。

「いいかげんにしろ、このやろー!!」

私が強い口調で怒鳴りつけた瞬間、目の前が暗くなった。



視界のすべてが黄土色なる。どうやらこれは土の壁のようだ。しかも文字が小刻みに動いている。象形文字だろうか?

タテ、ヨコ、ナナメの直線と点だけで構成された不思議な文字は、高速で右から左に移動していた。

宇宙の神秘を解き明かす暗号だと感じる。

何度も繰り返す動きを、瞬間的に焼き付けて重ね合わせてゆくと、それはカタカナの文字となった。


「タソガレ・ラブ」


暗号を解き明かした瞬間、CDの音楽が流れ出す。途切れ途切れのシンセサイザーの音だ。

私はそのシンセサイザーの音を細かく拾い集め、頭の中で組み立てる。

するとそれは人間の歌声になった。


「~♪タソガレ・ラブですぅ~」


声の主は紛れもなくえなりかずきのものだった。
2016/12/31 09:00|夢の続きTB:0CM:0

汽笛とともに去りぬ


こんな夢を見た。


思いがけないところで、古い友人と出会う。

高校を卒業して以来なので、もうかなりの時間が経過しているが、昔と変わらない顔なのですぐにわかった。

お互いに驚くと同時に、懐かしさがこみ上げてくる。

握手だけでは収まりきれず、ついには抱擁しあう。




ぶう。



その瞬間に、私の尻から屁がもれてしまう。

「年をとると、しまりが悪くなっていかん。わははは」

私は、笑ってごまかそうとしたのだが、それどころではなかった。



なんと、屁がとまらないのだ。ずっと出っ放しだ。


さすがに友人も、腰にまわしていた手を離し鼻に当てる。

それだけではない。咳き込み始めたのだ。



もはやこれは毒ガスだ。


私は何とかしようと、尻に手を当て屁を止めにかかった。

尻をすぼめてその割れ目にふたをするように手を当てる。




ぷぴー。



今度は笛のような甲高い音色になって辺りに響く。

友人はたまらず駆け出して、私から遠ざかってゆく。

「おい、待ってくれよ」

慌てて追いかける私。

それにつられて屁も追いかけてくる。




ぶっふ、・ぶっふ、・ぶっふ。



足を着くのと同じリズムで屁が歩調を合わせる。


もう友人は消えてしまっていた。

私は涙を流しながらその場に立ちつくした。

暗闇に屁の音だけが汽笛のように鳴り響く。
2017/01/03 09:00|夢の続きTB:0CM:0

カバのやり場



・・・こんな夢を見た



私の家に大きな水槽があった。こんなものいつからあったのだろうか・・・。

中を見ると、およそショップなどでは見かけない魚が泳いでいる。

これはときどき食卓に並ぶハタハタではないか!

それも一匹ではない。5,6匹いるだろうか。

結構大きかったので、子供もいるのではないかと探してみると、下のほうにかわいいのがたくさん泳いでいた。

ハタハタだけではなかった。

下の方には、カラフルなスポンジで出来たイルカまで泳いでいた。ピンクや黄色、青色まであった。

スポンジで出来たおもちゃがなぜ泳ぐのか不思議だったが、水の流れに沿って動いているだけなのだと自分で納得してしまう。



視線を上に移すと、今度は小さなカバがゆっくりと落ちてきた。

水槽に入ってしまうぐらいの小さなサイズだがこれは本物だ。ちゃんと生きている。

カバは淡水の生物ではないかと考えるのだが、それもなぜか納得する理由が出来る。

やがて水槽の下にたどり着いたカバは、大きな口を開けて黒っぽい液体を吐き出した。

それはガラスにコケのようにこびりついて、水槽の視界を悪くする。

(掃除をしなくちゃいけない・・・)

私は重い水槽を風呂場に持ってゆき、掃除を始める。



まずはザルを使ってハタハタをすくい他の容器へと移す。

カバは手でつかんで水の入った浴槽に入れた。

何度か水を吸い込んでいるうちに、吐き出す液体も徐々に透明になってゆく。

水槽のガラスにこびりついたコケのようなものを落としていると、ピシャピシャとはねる音が聞こえた。

ハタハタの子供がまだ数匹ザルに引っかかっていた。

慌ててそれを容器に移そうとしたときに、一匹だけ浴槽の中に飛び込んでしまった。

子供のハタハタは、あれよあれよという間に、カバの口に吸い込まれてゆく。

次に開いたカバの口からは、例の黒っぽい液体が吹き出てくるのだった。



これは一緒にしておいてはいけない。

ハタハタが全滅するのが先か、水槽が真っ黒になるのが先か・・・。

私はカバのやり場に困り、途方にくれるのだった。

2017/02/02 09:00|夢の続きTB:0CM:0

三本目の矢


こんな夢を見た・・・



学校の授業中、私は金八先生に呼ばれて前に出て行く。

呼ばれたのは私一人ではない。メガネをかけた優等生も一緒だから、怒られるのではないようだ。

彼は長い髪を耳の後ろへ沿わせながら、「やってみろー」と私に弓と矢を渡す。

やってみろはいいが、私にはそんな経験もない。

しかし、もう一人の男はやる気まんまんになっている。かなり自身がありそうな感じだ。

目標は5メートルほど先にある紙で作られた的だ。

二枚あるその的は、一枚が丸をいくつも重ねた一般的なもので真ん中が赤い丸、もう一つの的は動物らしき絵が描いてある。

矢は二本渡されたから、両方をそれぞれ狙うということなのだろう。



隣の彼はすぐに弓をひいて準備した。見ると、矢は一度に二本引いているではないか。

「よおし、撃てー!」

金八の掛け声とともに矢を放つと、二つの矢は見事にそれぞれの的のど真ん中を貫いた。

「お見事、100点!」

隣の彼は私を見てにやりと笑った。実に嫌なやつだ。

私が一本だけ矢を放とうとすると、即座に金八の指導が入る。

「矢は一度に二本と決まっているだろうがぁ!」

慣れない手つきで二本の矢をどうにか引いて、少しだけ間隔を開いた矢を放つ。

まっすぐ的に向かっていた矢は、途中からその軌道を変えて脇へそれてゆく。

所詮そんなものかと思っていたら、矢はぐるりと向きを変えブーメランのようにUターンして戻ってくるではないか!

頭の左右から迫り来る矢を私は素手でつかみ取る。あと一歩で頭に突き刺さるところだった。

右手につかんだのは紛れもなく矢だったが、左手にはなんとハムスターが握られていた。



手をそっと離すと、ハムスターは走って逃げてゆく。

「素晴らしい、400点満点だ!」

金八は私に拍手をしている。どうやらこれはテストだったようだ。

「お前は合格だ、帰っていいぞ」

彼は入り口のドアを指し示し、私に帰るよう合図を送る。

そのあとにメガネの彼のほうに向き直った先生は、厳しい口調で言った。

「お前は不合格だ、今日はできるまで帰さんぞ!」

さっき100点を取った彼は、居残り勉強となったのだろう。

ドアを開けて帰ろうとする私を、居残りとなった男が睨みつけている。

その激しい視線が、三本目の矢となって私の身体に突き刺さった。

2017/04/13 09:00|夢の続きTB:0CM:0

トイレにいた男

こんな夢を見た・・・。



職場のトイレで、後輩と一緒になる。

笑い話をしながら小便をしていたら、少し引っ掛けてしまった。

私のズボンだけならいいのだが、隣の後輩のズボンにまでかかってしまったのだ。

「いやあ、わりい」

私はすぐにあやまった。しかし、後輩はとても不機嫌な顔をしている。

しかも私の顔を見ながら、舌打ちをして見せたのだ。

さすがの私もこれにはむかついた。

ズボンのチャックを閉めるのも忘れて、後輩の胸ぐらをつかんだ。小便の着いた手で・・・。

「汚いからやめてくれ」

後輩の言葉に、私はキレてしまった。自分の小便を侮辱されたのがよほど悔しかったのだろう。



私は思いっきり後輩を殴った・・・。



しかし、彼はまるでプロボクサーのように私のパンチをスルリとかわす。



もう一発。・・・またかわされる。



この動作が何回も繰り返された後、今度は後輩の反撃だ。



ところが、彼の繰り出すパンチがなぜか全てスローモーション。全て簡単にかわせるのだ。

私たちは無駄な労力を使い果たした。





ギィー。


突然、大便の便所の扉が開く。誰か入っていたのだ。



なんと、中から出てきたのはニコラス刑事だった。

「あー、食った食った」

ニコラス刑事は爪楊枝を口にくわえながら、手も洗わずにトイレを出て行った。

いったい便所で何を食べていたというのだろう。

私たちは今ニコラス刑事が出てきたばかりの便所を覗き込む。



便器は嘔吐物で汚れていた。床一面に吐き散らかしている。

見るのもいやなほどの汚さである。

ニコラス刑事は、いったい何をしていたのか・・・。



すると、突然後輩が頭を下げて謝りだす。

「私が悪かったんです。すみませんでした」

彼は涙を流しているではないか。私は彼の肩を抱き慰める。

「いいんだよ、もう」

いつしか私の目にも涙が浮かんでくる。

ニコラス刑事のトイレから見れば、私の小便などきれいなものだというのだろうか。

私たちは小便まみれのまま抱き合って泣いていた。
2017/05/13 09:00|夢の続きTB:0CM:0

↓投票するのよっ!! 




人気ブログランキングへ

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 



↓人間最後の日

↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.