●●
人間最後の日

すぐそこにある


|





プロフィール 

足田代

Author:足田代
誰にも言うなよ!


カテゴリー 

下のカテゴリーは古い順に並んでいます。 最初から読みたいときにどうぞ。


広告 


フリーエリア 


広告2 









FC2カウンター 

現在の閲覧者数:

仮面フーフ

妻が子供を叱っている。

どうしたのか理由を聞いてみると、宿題をしていないという。

確かに宿題は嫌なものだ。私自身、宿題はほとんどやらなかった。

ついには子供が泣き出したので、私が口をはさんだ。

「もう遅いから、やらないで寝なさい」

すると、妻がまた怒り出した。

先日の面談の際、先生に「宿題をよく忘れる」と言われてきたらしいのだ。

さすがに、自分がやらなかったことを子供にやれとは言いづらい。

「この次からちゃんとやりなさい」

そう言って、子供を寝かせようとすると、妻がキレた。

「あんたは、だまっててよ!!」




・・・カチッ。

私の頭の中のスイッチが入った。




出たな妻ショッカー!



へーんしん。仮面フーフ!



お腰に付けたホッカイロが回りだす。



ぎゅいぃぃーん。



覚悟しろ、妻ショッカー。



イーッ!


まずは子供戦闘員たちを「子供はあっちへ行ってなさい」攻撃で一掃する。



私の論理攻撃が炸裂する。「学校の勉強が全てではない!」どうだ。



妻ショッカーが弱ってきた。もう虫の息だ。



とどめに私の三段跳び論法を食らわせてやるー!



かめーん・・・、



ん。



妻ショッカーの様子がおかしいぞ。



目からなにかが・・・。



!!




妻ショッカーの涙ビームだ。




様子を伺っていた私はまともに喰らってしまった。




うわぁぁぁぁーーーーっ!!



爆!!!





今回の戦いは残念ながら妻ショッカーが勝利した。

でも、まだ戦いは終わっていない。家庭平和を守るため、仮面フーフは今日もゆく。

ゆけ、仮面フーフ。戦え、仮面フーフ。


(対戦成績は個人情報保護法によって公開できない)
2016/11/12 09:00|仮面フーフTB:0CM:0

仮面フーフ・怪奇!タラの芽男


先日の日記に書いた、我が家の親父が栽培しているタラの芽が収穫の時期を迎えた。

といっても、ほんのわずかばかりであるが・・・。

また椅子を使って上にある芽を摘んでいたのだが、こともあろうかまた水をこぼしたのだ。

また私のパソコンの上に・・・。

このパソコンは、私が苦労して貯めた500円玉貯金で買った宝物だ。

「いい加減しろ!」

私が親父にこんな口を聞くのは珍しいことだ。実は正月にも一度けんかをして、少し仲が悪くなっている。

親父の方も黙ってはいない。また取っ組み合いのけんかになるのか・・・。

そこへ突然妻が割ってはいる。正月のことを思い出したのだろう。止めに入ったのだ。

「お前は引っ込んでろ」

私が言うと、とたんに妻が怒り出した。

「だいたい、あんたがこんなところに置いておくから悪いんじゃないの!」

なんと、親父の味方をし始めたのだ。

タラの芽男もついにあいつの手先になりやがったか・・・。



・・・カチッ。


私の頭の中のスイッチが入った。





出たな妻ショッカー!



へーんしん。仮面フーフ!



お腰につけたホッカイロが回りだす。



布団の中で湯たんぽも回りだす。



ぎゅいぃぃーん。



覚悟しろ、妻ショッカー。タラの芽男もろともやっつけてやる!





イーッ!


子供戦闘員たちは目に涙を浮かべている。

「子供はあっちへ行ってなさい」攻撃で一掃しようとしたら、なんとタラの芽男が子供を連れてさっさと自分の部屋へゆくではないか・・・。

「さあ、いい子はあっちへ行こうねえ」

タラの芽男め、覚えていろ。きっといつか・・・。



妻ショッカーの攻撃だ。

「老後の楽しみを奪ったらかわいそうでしょ」

そうだ、それでいい。どんどん論理攻撃をしかけてくるがいい。私は前回の敗戦で学んだのだ。

最初から飛ばしすぎると、油断してしまうことに・・・。今回は逆手にとってやる。

「だからといって、人に迷惑をかけてはいかんだろう」

絶妙な返しだ。相手を一気に弱らせてはいけない、むしろこちらが隙を見せるぐらいでちょうどいい。

私には最終奥義「三段跳び論法」があるのだから。



「だいたい、あんた毎日パソコンいじってなにやってんの?」

妻ショッカーの攻撃は的確に私の急所をついた。

もちろん、このブログのことは内緒にしてある。これがバレたらえらいことになるからだ。

でも、このままではいけない。妻ショッカーは「どうせエロサイトばかり見てるんでしょ」みたいな目で私を見ている。

あきらかに上から目線で・・・。

私の体力が限界に近づいた。よし、そろそろ必殺技をお見舞いしてやる。今がチャンスだ。



私は必死に言い訳を考えていた。それも必殺技の三段跳び論法で・・・。



インターネット → ネットショッピング → 家計も大助かり



よし、できた。この攻撃で妻ショッカーの最後だ。



妻ショッカーはさらにこう言った。

「変な請求書が来ても、お金払わないからね!」



私の頭の中に、数年前の記憶がよみがえる。



スカハ○ーから送られてきた利用明細に書かれた「アダルトチャンネル」の請求内容が妻に見られたのだ。

あの時はまいった。何時間怒られただろう。「ばかじゃないの」「誰が払うの」とさんざんいじめられた。

今度そんなのが来たら、私はもう・・・。




うあぁぁぁー。






爆!!!





今回はあと一歩のところで、勝利を逃してしまった。

妻ショッカーの手先となったタラの芽男との決着もついていない。

まだ戦いは終わっていない。家庭平和を守るため、仮面フーフは今日もゆく。

ゆけ、仮面フーフ。戦え、仮面フーフ。


(対戦成績は個人情報保護法によって公開できない)

2017/01/13 09:00|仮面フーフTB:0CM:0

↓投票するのよっ!! 



人気ブログランキングへ
↓人間最後の日

最近の記事+コメント 


リンク 


このブログをリンクに追加する

FC2カウンター 


ブログ内検索 


RSSフィード 


pranks 


アルファポリス 




↓タベグロ

↓じじいの巣


↓冬の夜の楽しみ
↓スマートホンこわい

Copyright(C) 2006 人間最後の日 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.